トップ >  メイク・マネー >  高所得者こそ絶対やるべき ふるさと納税「タダ飯」生活

高所得者こそ絶対やるべき ふるさと納税「タダ飯」生活

 金森さんが2年度続けて行っている納税の方法をここで説明する。

 どの自治体のサイトを見ても、モデルケースは年収700万円に設定されている場合が多い。そして、上限は所得税の10%という表現が多く、公式が掲載されていないために、盲点になっている場合がほとんどだ。基本的には2000円以上については控除されるので、寄付金額に比例して大きくなるが、公式は次のようになる。

【1】所得税から控除 (寄付金-2000円)×40%

【2】住民税から控除 (寄付金-2000円)×10%

【3】特例分控除 【1】と【2】で控除できなかった分を、特例分により全額控除。 (寄付金-2000円)×(100%-10%-40%)

 公式には最高税率40%を当てはめており、【1】+【2】+【3】となる。これで目安となる金額が算出される。

 所得税40%、住民税10%、特例分50%とすると、この特例分の上限が個人住民税所得割額の1割を限度とするが、実際の寄付額はその2倍になる。追加で説明をすると次のようになる。

 特例分=(寄付金-2000円)×(100%―10%-40%)=(寄付金-2000円)×50%

               ↓

         特例分×2=寄付金-2000円

               ↓

         寄付金=特例分×2+2000円

               ↓

     特例分を住民税所得割額の1割の金額に置き換えると、

               ↓

 上限寄付金=住民税所得割額の1割の金額×2+2000円 = 住民税所得割額の2割の金額+2000円 

 公式がスムーズに理解しにくいという人は、著書「完全ガイド 100%得をする ふるさと納税生活」を参考にするか、もしくは所得税率40%以上の人の限度額の早見表は、◆徳島県◆のサイトにも掲載されているので、こちらも参考にすると理解しやすいだろう。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする