トップ >  メイク・マネー >  高所得者こそ絶対やるべき ふるさと納税「タダ飯」生活

高所得者こそ絶対やるべき ふるさと納税「タダ飯」生活



 金森さんの自宅だが、キッチンのパントリー、冷蔵庫には、ふるさと納税関連の食品があふれている。それでもこまめに整理がされている。実は、この管理をするだけでもたいへんな苦労があるようで、うまくやらなければ食品の廃棄ロス、時間のロスが発生してしまうのだ。

 これで、思い出す光景がある。元棋士で現在は個人投資家として人気の桐谷広人さんの株主優待の生活だ。こちらは、部屋に優待品とその箱が積み上げられて埋もれる生活を送っている。もちろん、それが良いか悪いかは本人の価値観なのでどちらでも良い。

 一方で、金森さんは家族でこまめに、ポートフォリオと物品の管理を行っている。ジャンルはまったく違うものの、ここで両方を少し比較してみる。

     金森重樹   桐谷広人
投資額  2000円    1億円以上
リスク  ノーリスク  投資額全額
期限   賞味期限有  使用期限有 
節税   住民税の2割  特になし
※敬称略

 もちろん、お金の損得だけで価値を測ることはできない。というのも、両方ともに消費にかなりの時間を要するためだ。桐谷さんが国民に広く知られることになった、自転車を猛スピードで漕ぐのも、優待を使用するための過密スケジュールをこなすためだ。金森さんもまた、マメに管理するなど一定の時間は取られている。

 そこで、ふるさと納税に向いている人とそうでない人を分類してみた。
 
◆向いている人
・高所得者である
・家族がいる
・調理や片づけなどマメ
・家が広い
・(税務)手続きがマメ、もしくは代行する事務員がいる

◆不向きの人
・低所得者である(リターンの面で効果薄)
・一人暮らし(消費しきれない)
・家にほとんどいない(宅配便などを受け取れず二度手間に)
・家がせまい(置き場所に困る)
・食べる時間がない(消費しきれない)

 次は金森さんのポートフォリオの一部を紹介する。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする