トップ >  ニュース >  名家のコレクションからモネ「睡蓮」が88年ぶり競売に

名家のコレクションからモネ「睡蓮」が88年ぶり競売に

 米国の資産家でフィランソロフィスト(慈善家)のユゲット・クラーク氏の遺産である、モネの代表名画「睡蓮」が1926年以来88年ぶりに、クリスティーズのオークション(5月6日開催)に出品されることが発表された。予想落札額は2500万~3500万ドル(約25億~35億円)。名家クラーク家の最後の跡取り娘で資産家として晩年は不遇であったユゲット氏のコレクションを通して、奇しくも名家にもう一度スポットが当たることになった。

 ユゲット氏は、2011年5月に104歳でこの世を去った。父のウィリアム・クラーク氏は
鉄道、鉱山事業で富を成し上院議員として活躍した。ユゲット氏が相続した資産は、優に500億円を超えるとされる。

 ニューヨーク5番街に、42部屋ある大邸宅に住んでいた。また、サンタバーバラにも大邸宅を保有していた。父のビジネスパートナーだった弁護士との間に婚歴もあるがわずか2年で離婚している。ただ、私生活はほとんど知られていないばかりか、人前に出ることさえなかったそうだ。もっぱら、コレクションなど芸術活動に精を出した。その一つが、今回の睡蓮でもある。


相続
モネ「睡蓮」(クリスティーズより)
 晩年の20年くらいは、がんなどの病気を患っていたために病院で過ごす日々だった。ここで、ひじょうに珍しい相続事件が起きる。住みこんでいるために、看護師は交代制で付きっきりで世話をしなければならないのだが、ユゲット氏は昼間の看護師と夜間の看護師や医師、弁護士たちに財産を譲渡しようとした。

 ただし、遺言書が複数存在したのだ。血縁や親せき関係こそあれども、顔を合わせたこともない親戚たちにも有利となる遺言書があったそうで、訴訟にも発展した。

 現金などは相続されているが、この「睡蓮」は相続人がいなかったために、公的な管理となり、換金されるためにオークション出品となった。

 名家が人目を忍んで集めた秘蔵コレクションが、相続というきっかけで出てきたこともあり、注目されている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする