トップ >  クオリティライフ >  リクルート上場で多数の富裕層誕生と「闇株」3万株

リクルート上場で多数の富裕層誕生と「闇株」3万株

 リクルートホールディングスの新規株式上場(IPO)が10月に行われる見通しとなった。西武ホールディングス、LINEなどと並ぶ大型案件だけに投資家の注目度はひじょうに高い。個人の持ち株比率が37%と高く、元役員、現役従業員らも多数保有していることからも、富裕層が多数誕生する。2010年の大塚ホールディングスの再来とも見られるが、その一方で注目されてはいないが、創業者・江副浩正氏の財団「江副育英会」が保有する株式の一部が、第三者の間で売買されて、アンダーグラウンドな投資家の闇の間をさまよったこともある。リクルート株の光と影について見てみたい。

 現在のリクルート株式の上位株主は次のとおりだ。

◆リクルート上位株主(保有株、比率)

リクルート社員持株会 835万株  13.89%

大日本印刷      320万株  5.32%

凸版印刷       320万株  5.32%

東京電力       300万株  4.99%

三井物産       300万株  4.99%

電通         300万株  4.99%

農林中央金庫     250万株  4.16%

※以下、NTTデータ、日本テレビ放送網、王子製紙、図書印刷、博報堂、野村総研、日本製紙大王製紙、フジメディアホールディングス、テレビ朝日なども保有。

 一昨年8月の週刊東洋経済の特集「リクルートの正体」の記述によれば、PERは17倍水準だとしている。そうすると株価は1株=2万円が妥当なところだとしている。時価総額は1兆円を軽く超える水準だとされる。

 同誌には、創業者・江副氏のインタビューもある。社員の持ち株比率が高かったために、上場しなかった理由を述べているが、今というタイミングについては問題がないとの見解を示している。世界展開という次のステージへの成長を見越した場合、もう上場は不可避の状況でもある。

 対象となる元役員や従業員が何人いるのかわからないが、遅まきながら富裕層が多数誕生しそうだ。

 その一方で、アンダーグラウンドの闇に流れた気になる株券もある。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする