トップ >  メイク・マネー >  マンション「デート商法」、利回りはたった4%、ボッタクリの手口

マンション「デート商法」、利回りはたった4%、ボッタクリの手口

 社会問題にもなっている投資用マンションの「デート商法」。結婚相手を探す人を、出会い系サイトで釣っておいて販売して買わせるというものだが、その手法の悪どさもともかく、驚愕すべきはその利回りの低さだ。中古マンションながら表面利回りが4%前後というもので、いかに販売価格が高いかがわかる。

購入価格20%以上上乗せ

 販売価格や賃料が判明するきっかけとなったのが、販売会社などに対して12人の男女が提訴(うち1人が取り下げ)したことだった。下の表に示すが、12人14戸で利回りは3.61%~4.60%とひじょうに低いものとなっているのだ。
マンション

 第三者による査定額と比較すれば、購入価格は最低20%から40%程度も、上乗せされたボッタクリ価格で販売されているのだ。

 しかも、1人で3戸同時に購入した人まで出ているのだから、ある種の悪質さは感じざるを得ない。原告側は、勧誘会社は無免許営業で、さらに勧誘目的を告げずに勧誘していることは、宅建業法違反だと主張し、総額2億円以上を求めた訴えとなっている。

 あまりの高利回りも警戒するのだが、あまりの低利回りだと今度は、お話にならない。

 成約しさえすれば、後は関係がフェードアウトするそうだ。最初のきっかけは、ヤフー、エキサイト、Rushなど普通の出会いサイトから。お互いに個人のアドレスを交換し合い、直接連絡を取り合うようになり、そして実際に食事などをする。そして、いずれはマンションの話も出てくるようになるのだ。

 こうした取引は被害として、独立行政法人「国民生活センター」などの機関にも寄せられており、2013年度だけで432件。「婚活サイトなどで知り合った相手から勧誘される投資用マンション販売に注意!!-ハンコを押す相手は信ジラレマスカ?-」とサイト上で実態を記している。

 給与所得者は税金に対して疎いこともあり、税金を取られ過ぎている、税金が返ってくる方法があると持ちかけたりして興味を引くところから始まっている。

 そして、オフィスなどに誘い、上司や同僚を同席させ、「紹介だから特別に」と話をどんどん進めていくのだった。 
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする