トップ >  ニュース >  勝ち組も負け組も「株主優待狙い」、その差は?

勝ち組も負け組も「株主優待狙い」、その差は?

 元棋士で個人投資家の桐谷広人さんの活躍などによって、優待銘柄投資が以前にも増しして盛り上がっている。しかし、成功している投資家も、失敗している投資家も株主優待を目的とした投資が多いのだ。その差はどこにあるのか?

 「ダイヤモンド・ザイ7月号」の特集「投資とお金の1万人大調査」に興味深いアンケート結果が出ている。

 資産1億円以上でしかも、直近1年間の投資のリターンが30%以上という、いわゆる「勝ち組」が挙げる株式投資のスタイルは次のようなものだった。
1 高配当狙い 53%
2 割安株投資 47%
3 株主優待狙い43%

 その一方で、「負け組」のスタイルは次のようなものだった。
1 株主優待狙い 45%
2 高配当狙い  29%
3 ローリスクローリターン 21%

 上位3つのうち、株主優待と高配当株と、2個までが同じだ。これだけを見ると不思議な結果でもある。一つ考えられるのが、株主優待だけを目的に株を保有している可能性
があるということだ。

 例えば、優待人気銘柄オリコンは、今年の5月にタレントの図柄入りの図書カードの廃止を発表し、直後から株価は下がっている。優待目的で買っている人はおそらくは売るだろう。


桐谷広人さん
桐谷広人さん
 むしろ、高配当、割安度との組み合わせて、株主優待に何が付属してくるのかを考える必要性がある。割安時は配当利回りも相対的に良くなりやすく、また、負けにくくなるからだ。実際に桐谷さんも、優待目的で買うわけだが、それまでの意思決定として、ファンダメンタルや株価の動きも見た上で、配当+優待という視点を常に持ち合わせて分析している。

 かつては、電力会社株を株価が低迷している時、つまり配当利回りが良い時期に購入し、株価が上がって配当利回りが下がってきたら売る、という取引を繰り返して、という取引をしていた地方の老人は意外に多かったという。それと似たようなものだろうか。

 つまり、適切な買い時、売り時が存在しており、優待銘柄でも買い時、売り時がある。若手投資家の中でも桐谷さんのように優待生活を目指す人が増えてきているが、まさしく、桐谷さんへの道も1日にしてならず、だ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする