トップ >  ニュース >  ゴールドマンのW杯予想「日本株は買い?」

ゴールドマンのW杯予想「日本株は買い?」

 サッカーW杯開幕を直前にして、ゴールドマン・サックスが発表したレポートが話題を読んでいる。結論から言えば、大会が終了してから1カ月限定の短期決戦でブラジルの株式を仕込む。そして、日本の成績が悪ければ日本株を買い、逆に良ければ買わない、という戦略で臨む方が良さそうだ。

 ゴールドマンのアナリスト、ピーター・オッペンハイマー氏は、自身も英プレミアの強豪チェルシーのファンであると述べ、決勝戦はアルゼンチンを3対1で下して優勝するとの予想を披露した。そこで、優勝確率が高いベスト5は次のとおりになる。

ブラジル 48.5%
アルゼンチン 14.1%
ドイツ 11.4%
スペイン 9.8%
オランダ 5.6%

 ブラジルの決勝進出確率は60.3%、ベスト4は71.7%、ベスト8は78.8%となっている。ちなみに日本は、予選突破リーグの確率が33.8%、決勝進出が0.3%、ベスト4が1.4%、ベスト8が9.9%。日本と同じブロックのライバルたちの予選突破確率は、コロンビア59.7%、ギリシャ60.6%、コートジボアール45.9%となり、日本は予選敗退の可能性の方が高いということになる。

 ここで株価との相関関係だが、優勝国、ホスト国の株価は、決勝戦から1カ月ほど高くなるという傾向が過去からは見ることができる。

 優勝国、準優勝国、ホスト国の株価動向を、期間を区切ってリターンをそれぞれ見てみた(開催から前後2カ月、前後3カ月、前後2年)。

 結論からいえば、優勝国を大会が終ってから1カ月だけを狙うという短期決戦で行くべきだ。もしくは、開催国の終了1カ月を狙うべきだ。開催国はブラジルで、優勝可能性が最も高いのがブラジルということになるので、ブラジルを大会終了後に1カ月だけ狙うという方針が良さそうだ。

 過去にブラジルが優勝した年は、株式の変動は激しい。2002年は前後2カ月はそれぞれ2ケタのマイナスに。1994年は後の1年は21.1%のプラスとなっている。

 さて、ホスト国の株価が上昇したかどうかについては、正直あまり良くとは言いにくい。終了から1カ月程度では平均2.7%の上昇だが、あくまで短期決戦。

 また、出場各国について言及がなされているが、日本については、FIFAランクやW杯の成績が悪いほど株価は良い傾向にあるということだ。さらに、嫌なことを一つ言われている。「日本サッカーは経済よりも早く成長した」と称賛しているものの、高齢化の問題だが、高齢化はサッカーにも押し寄せており、Jリーグの選手の平均年齢は、ここ約10年で約2歳上昇し28歳になっていると分析している。
日経225
日経225と日本のFIFAランクとの相関

 ちなみに、ゴールドマンが選ぶベスト11は次のようになる。
FW メッシ、ロナウド、ネイマール
MF イニエスタ、アザール、リベリー
DF アウベス、ラモス、シウバ、ラーム
GK メイヤー

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする