トップ >  ニュース >  大富豪の年の差婚 元テニス女王も31歳上の大富豪と

大富豪の年の差婚 元テニス女王も31歳上の大富豪と

 元プロテニスの女王モニカ・セレシュさん(41)が、米大富豪のトム・ゴリサノ氏(72)と結婚することが明らかになった。年齢差は31。シドニー・モーニング・ヘラルド紙などが伝えている。


モニカ・セレシュさん
モニカ・セレシュさん
 2人はすでにフロリダの豪邸でともに暮らしてるという。ゴリサノ氏は、大手人材派遣業ペイチェックス創業者で資産は20億ドル(フォーブス試算)。2人の子供がいる。NHLのバッファロー・セイバーズのオーナーでもあった。

 一方のセレシュさんは、メジャー4大会で通算9勝をあげるなど世界ランキング1位にも輝いた。94年に米国籍を取得した。

 大富豪や富裕層との年の差婚は家族や第三者からは、遺産相続狙い、という目で見られることも多い。ただ、今回の場合は、セレシュさんは十分な資産を築いている上に、2人の共同作業で築いた資産もないと見られ、遺産狙いということはあまり考えにくいだろう。

 以下に主な大富豪の年の差婚を挙げてみた。

ポール・マッカートニー(60)
ヘザー・ミルズ(34)

 婚前から遺産狙いと言われたが、ミルズさんは離婚によって手にした金額は40億円以上。しかも、数年でその金額をほぼ使い果たしてしまい、婚前の慈善活動家の義足のモデルという美しい世間からのイメージは完全に崩れ去った。

バーニー・エクレストン(81)
ファビアナ・フロシ(37)

 F1界の帝王は、51歳の時にスラヴィカ夫人(23)と年の差婚。年齢は自身の方が高かったものの、身長は夫人のほうが30センチ以上も高かった。再婚相手のフロシさんは、ブラジルGP関連の仕事で知り合った。人生で2度目の年の差婚となった。スラヴィカ夫人との離婚は揉めた。

ヒュー・ヘフナー(86)
クリスタル・ハリス(26)

 著名男性誌プレイボーイの創業者ヘフナー氏だが、元プレイメイトのハリスさんと交際し婚約。しかし、挙式直前に逃げ出すという波乱が。その後は復縁して結婚した。

アルバ第18侯爵夫人(85)
アルフォンソ・ディアス(60)

 スペイン貴族のアルバ夫人だが、相手は公務員の男性。夫人には子供と孫も多く、一般人との結婚ということもあり、大反対された。

ジョージ・ソロス(82)
タミコ・ボルトン(40)

 ヘッジファンドの帝王ソロス氏は3度目の結婚。以前に交際していたブラジル人美女との訴訟合戦は現在も続いている。

J・ハワード・マーシャル(91)
アンナ・ニコル・スミス(27)

 海運王マーシャル氏と、プレイメイトのアンナさん。マーシャル氏がかなりの高齢ということもあり、周囲から猛反対を受けた。夫の死後は遺産相続争いは長引いたが、現在はアンナさんも亡くなり、死後も継続したが、最高裁で決着はついている。義理の息子の父親を名乗る人物が何人も名乗り出たり、まれに見る醜い争いだった。

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする