トップ >  ニュース >  「トロフィーワイフ」覆す新研究、美貌より教育?

「トロフィーワイフ」覆す新研究、美貌より教育?

 社会的に成功を収めた富裕層男性たちが、美女を妻に持った場合に、「トロフィーワイフ」と呼ばれることがある。これについて、米国で新しい研究結果が出て、話題となっている。

 「トロフィーワイフ」とは、文字通りトロフィーのような、横に置いておけば第三者の目から見て羨望を得られるような存在という意味だ。バーニー・エクレストン氏、ドナルド・トランプ氏のように、大富豪にもそうした例は少なからずある。

 ただ、このたび米ノートルダム大学とインディアナ大学の共同研究によって、社会的に成功した男性と、女性のルックスがカップルを結び付ける決定的な要因ではないという研究結果が発表された。ノートルダム大のエリザベス・マクリントック氏(社会学)によると、パートナー選択においては、最も強く結び付く要素は、「類似」であるという。約1500組のカップルの調査でわかったという。


富裕層
年齢差28、身長差30センチ以上のスーパーモデルの
スラヴィカ夫人と結婚したバーニー・エクレストン氏。
典型的なトロフィーワイフの実例だが、現在は離婚
 パートナー選択においては、重要となる要素は教育、人種、宗教、身体的魅力の順番になるのだという。トロフィーワイフの最大の武器であるルックスは、教育や人種などよりも重視されていないことになる。

 この結果は、一昔前にインターネット上で広まった、25歳美女の「お金持ちと結婚したい」という質問に、米銀行大手のCEOと名乗る男性が行った回答を思い出す。

 「あなたの資産価値は低い。あなたの価値は今後10年で驚くほどに劣化していくでしょう。トレードするものが結婚だとしたら、あなたは資産としては、レンタルした方が賢明だと思います」などというものだ。

 社会階層をアップさせようとすれば、ルックスよりも教育が大切だということになる。

 一方で、この調査にはないが、教育は後天的な要素であることは否定できず、先天的要素であるルックスを直すことはできない、との考え方も存在するのは事実だ。

 ただ、金さえあれば、ルックスはレンタルするという手段はありだろう。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする