トップ >  ニュース >  7.5億円ストラディバリウス落札されず

7.5億円ストラディバリウス落札されず

 米国の資産家でフィランソロフィスト(慈善家)のユゲット・クラーク氏の遺産である、ヴァイオリンの名器ストラディバリウスがクリスティーズオークションに出品されていたが、落札されなかった。入札スタート額が750万ドルで、落札額は1000万ドルになると見積られていた。


ストラディバリウス
ストラディバリウス(クリスティーズより)
 クリスティーズによると、このストラディバリウス「クラウツェル」(1731年)は6月6日から入札が開始され、18日に締め切られた。しかし、結果的に入札はならなかったという。

 ストラディバリウスは、イタリアの弦楽器製作者アントニオ・ストラディバリ(1644~1737年)が製作したバイオリンで現存するのは600器程度とされる。音質の良さ、さらには外観の形状などが語り継がれ、オークションでは高額取引となる。これまでには、日本音楽財団が2011年に、ストラディバリウスの「レディー・ブラント」(1921年)を1590万ドルで落札したのが、史上最高額となっている。

 今回出品されていたものは、仏の宮廷ヴァイオリニストであったロドルフ・クラウツェルが最初のオーナーとされる。


ユゲット・クラーク
ユゲット・クラーク氏(6歳時)
 米国の鉱山王で上院議員にもなったウィリアム・クラーク氏の娘で、著名な芸術コレクターのユゲット氏(享年104)が所有。このたび、NY5番街の42部屋ある邸宅のクローゼットから発見されたのが、オークションに出るきっかけとなった。

 先に、ユゲット・クラーク氏のコレクションの一部であった、モネの代表名画「睡蓮」が1926年以来88年ぶりに、5月のクリスティーズオークションに出品され、2400万ドルで落札された。長年にわたる相続でもめたクラーク家だが、数々の芸術品が今回のオークションで落札されている。その合計額は846万ドルに上っている。

 一度、出品者の財団の手に戻る。

 これまでのストラディバリウスの主な落札額。

◆2005年 レディ・テナント 203万ドル
◆2006年 ハンメル     354万ドル
◆2011年 レディー・ブラント1590万ドル

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする