トップ >  ニュース >  GACKT前事務所脱税、事務所移籍金3億円返済のため

GACKT前事務所脱税、事務所移籍金3億円返済のため

 人気アーティストGACKTさんの前所属事務所、前ファンクラブ運営会社の社長らが、架空外注費を水増しし、所得3億円以上を隠したとして法人税法違反の罪に問われた3人の被告に対する初公判が26日、東京地裁で行われ、3人は罪状認否で「相違ございません」と全面的に罪を認めた。また、脱税の動機として、GACKTさんの移籍資金のために借り入れた3億円の返済のためだったことも冒頭陳述で明らかにされた。

 イベントなどの経費をねん出するために架空経費を水増しし東京地検特捜部に逮捕・起訴されたのは次の3人。

・前ファンクラブ運営会社「DEARS」社長=玉置公祐被告
・前事務所「GORDIE ENTERTAINMET」社長=長谷川裕被告
・映像制作会社「スキンクリエイト」社長=池内健一郎被告

 検察側の冒頭陳述によると、玉置容疑者らは、ファンクラブ、所属事務所でイベントの経費を水増し、平成20年10月~21年9月の所得約1億3150万円、同21年10月~22年9月の所得約1億8800万円を過少申告し、約5800万円を脱税した。その際に経費水増しのために、池内被告の会社スキンクリエイトに口座を作成させ還流させるなどして、3人で共謀し架空の取引を作り出していた。

 その動機として、背景にはGACKTさんの元々の所属事務所「ミュージアムミュージアム」から移籍する際に、その移籍金として支払った3億円にあった。

 GACKTさん独立にあたって、玉置被告は平成18年に3億円をねん出するために、全額を借入に頼った。独立後は、毎年数百万円の利息支払いを行っていたのだが、元本の支払いが困難だったために、まとまった資金のねん出を行う目的で、工作を思い付き実行することにしたという。

 しかし、途中で税務調査に発覚すると思い、3人は共謀して外注先を変えたり、外注額を操作するなどして発覚を先延ばしにしようとしていたことも指摘された。


脱税 GACKT
GACKTさん
 GACKTさんは4月26日のブロマガ「ボクはソロデビューして以降、事務所を任せている社長という立場の連中に ホントに苦労をしてる。みんな出逢った頃はエネルギーに溢れた、素敵なヤツもいた。だが、金回りが良くなると途端に急変してワケのわからない金の使い方や豪遊をし始めたり、まるで金が湯水のように溢れてくると勘違いするヤツも少なくなかった」と、具体的な名前は列挙してはいないが、芸能界の「カネ」について述べているものもある。

 現在の所属事務所は「同社の法人税法違反容疑に関してコメントする立場にもありません。今回の法人税法違反容疑に対して、1日も早い事実関係の究明を願っています」と、3人の逮捕時に正式にコメントしている。

 東京国税局は、3人が立件される前に世田谷区のGACKTさんの自宅に調査に入っている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする