トップ >  ニュース >  チリ99%減少、W杯の試合中は株式市場の取引が減少

チリ99%減少、W杯の試合中は株式市場の取引が減少

 サッカーW杯ブラジル大会が現在行われているが、世界各国の株式市場でトレードのボリュームが軒並み落ちる現象が発生していることが前回2010年の南アフリカ大会のデータでわかっている。例えばチリの取引量は、チリの試合中は99.51390%以上もダウンしているなど、特に南米において、大きなボリュームダウンの現象が欧州中央銀行(ECB)のデータで確認されている。今回はどうなっているのか。

 世界最大のスポーツイベントンおひとつであるサッカーW杯。今や世界300カ国以上で試合中継が行われているために、ついつい試合にアクセスしたくなるのが人情。トレーダーたちも試合が気になるという結果が如実に表れている。

 4年前の南アフリカ大会で、15カ国の株式市場の動向を調べた欧州中央銀行のデータによると、自国の代表チームの試合の際には30%以上が低下するということが判明した。また、ゴールなど試合経過の影響を受けて、瞬間的に5%以上は取引量が落ちるという。ちなみに、ハーフタイムは少し回復が見られるそうだ。

 特に減少割合が大きいのは、南米とアフリカだ。

南米   -77%
アフリカ -63%
米国   -43%
欧州   -38%



 その一方で、英国は自国と他国の試合での割合が逆転している。英国の試合中は、マイナス29%に対して、他の国の時はマイナス32%となっている。他国を応援しているということではないだろうが、ブックメーカーなど他の賭けを楽しんでいるのかは分からないものの、珍しい国もある。

 全体には、欧州のトレーダーよりも、南米のトレーダーの方がサッカーが気になって仕方がないのである。

 チリは試合中はほとんど取引が行われていないというくらい熱狂度が高いのだが、では、どれくらいのものか。しかも、ブラジル大会では、スペイン、オランダという強豪が入るグループリーグを突破するなど、大いに盛り上がったことだろう。今回はどうだったのか。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする