トップ >  ニュース >  「ラ・フェラーリ」世界で初事故(モナコ)

「ラ・フェラーリ」世界で初事故(モナコ)

 フェラーリの中ではエンツォの後継機とも言われる、「La Ferrari(ラ・フェラーリ)」がこのたび、モナコで事故を起こしたと話題になっている。というのも限定499台のモデルだけに、これが確認される「事故世界第1号」となったからだ。近隣に居合わせた人が写真を撮影し、フェイスブック上に公開したことで明らかになった。


 ラ・フェラーリは2013年のジュネーブモーターショーでお披露目され話題となった、世界限定で499台の希少モデル。デザインもピニンファリーナではなく、自社のデザインチームが行っている。

 事故現場は、モンテカルロゴルフクラブの付近の路上で、ラ・フェラーリとフォルクスワーゲンゴルフが正面衝突を起こしている。ラ・フェラーリはフロントボディが大破しており、ゴルフの方は右側のフロントライトが破損していた。

 両者ともに大きなけがはなかったという。オーナーの名前などは明らかにされていないが、地元メディアではラ・フェラーリの修理は容易にできたという記述もある。

◆日本人が関係するフェラーリの主な事故

・2013年11月
 岡山県倉敷市の山陽自動車道でフェラーリと国産車が衝突。フェラーリは大破して炎上し運転手の男性は死亡し、同乗した女性も重傷を負った。フェラーリが左の壁にぶつかって、そのはずみで他の車と衝突したという。

2012年5月
 シンガポールで中国人ドライバー­が乗ったフェラーリが信号無視による事故を起こし、3人が死亡した。フェラーリ599GTOで赤信号で交差点に突入し、タクシーに追突。タクシーの運転手、日本人乗客、フェラーリの運転手の3人が死亡した。これを受けて、シンガポール­の中国大使館は、シンガポール在住の中国籍住民に、法律を守るよう呼びかける声明を発表するほどの大きな事故となった。

2011年12月
 山口県の中国自動車道で、フェラーリ8台、ベンツ3台、ランボルギーニ1台を巻き込む多重追突事故。海外でも大きく報道されるなど、ひじょうに珍しい事故として今でも覚えている人も多いだろう。◆関連◆

 また、フェラーリではないものの、珍しい自損事故の例もある。◆関連◆

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする