トップ >  ニュース >  栄光と盗難の60年刻む「フェラーリ375-Plus」18億円で落札

栄光と盗難の60年刻む「フェラーリ375-Plus」18億円で落札

 フェラーリ375-Plus(1954年製)が先日、米自動車オークション「グッドウッドフェスティバル」に出品され、1820万ドル(約18億5700万円)の高値で落札されていたことがわかった。実はこの車は値段以上に注目すべきは、ル・マン24に出場するなど華々しい歴史とともに、盗難、リストア、所有権をめぐる訴訟など光を影の歴史を持つことだ。いずれにせよ、今回もう一度脚光を浴びる機会を得ることは、やはりこの車が持つ光だろう。

 1954年に世界で6台しか生産されていない。現在では、米著名デザイナーのラルフ・ローレン氏もコレクションしているという。当時は、英シルバーストーンで行われたル・マン24にフェラーリの公式チームとしても出場した車が、まさに今回落札された車だ。

 歴史を簡単に振り返っておく。

◆1955年 米国人レーサーのジム・キンバリーの手に渡る。
◆1957年 米国人コレクター、カール・クレーフェの手に渡る。

 こののちに再度、欧州にわたることになるのだが、きっけは盗難だった。クレーフェは改造マニアで、バラして何年も放置したままにしていたのだ。それを、2人の男が捨てているものだと勘違いして持ち去ったのだった。そして、欧州のコレクターに売却してしまう。

◆1988年 盗難を知ったクレーフェがFBIなど捜査当局に届け出る。
◆1989年 氏名不詳のフランス人コレクターが5万ドルで購入している。
◆1990年 ベルギー人ドライバー、ジャック・スワーテルに所有権が移転した。


フェラーリ375ーPlus
フェラーリ375-Plus(主催元HP)より
 そして、盗難した2人は逮捕され裁判で裁かれたが、捨てていたという認識で起こした行為だとされ無罪になった。そうしている間に、所有権を得たジャック・スワーテルが、設計図を基にしてイタリアで専門家たちとリストアを施して復元に成功したのだった。

 その後、スワーテル、クレーフェは死亡し、双方ともに相続人が民事裁判で所有権を
争うことになったが、2010年に和解が成立し、今年オークション出品が決まっていた。
そもそも、栄光のマシンにバラしてパーツを放置したことが災いを招いたが、これだけ紆余曲折を経て再び光を浴びるのは感慨深いものがある。

 ◆最近の主なフェラーリの高額落札例
車種             落札額    落札月
250テスタロッサ(1957年型) 3980万ドル  14年2月
250GTO(1963年型)    5200万ドル  13年10月
275GTB(1967年型)    2750万ドル  13年8月

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする