トップ >  クオリティライフ >  富裕層のソーシャルインパクトへの関心で日本は平均以下

富裕層のソーシャルインパクトへの関心で日本は平均以下

 富裕層のソーシャルインパクトへの意識度の高さで、インド、中国、インドネシアなどアジアが上位を占めていることがわかった。キャップジェミニ&RBSの「ワールドウエルスレポート2014」によるもので、トップはインドで90.5%。それに対して、日本は平均以下の50.3%だった。日本には富裕層は多いが超富裕層は少ないために、仮に社会的な関心が高くてもそこまで余裕がないのではないかと推測できる。

日本は50.3%

 ソーシャルインパクトとは、自身の何らかの活動によって社会貢献などに波及させ社会を変革することを指す。欧米ではソーシャルインパクトを実現するためのファンドや債券なども存在する。一概に寄付をしたり慈善活動をすることがすべてではなく、何をすれば社会を変革できるかということは当然ながら定義はされてはおらず、まだ日本にもしっかりと根付いているものでもない。まさしく、各自の価値観で各自のやり方で十人十色ということになるだろう。

 ワールドウエルスレポートだが、元々このレポートは、富裕層の国別人口を発表することで世界中の各種メディアで取り上げられることが多い。しかし、目立たないものの、今回は新たにソーシャルインパクトの意識調査が加わっている点は興味深く、各国の富裕層の考え方がわかる。

 高い上位5カ国はインド、中国、インドネシア、香港、マレーシア。いずれも80%以上が高い関心を示しているが、先進国はそれほど高くない。全体平均が60.5%だが、日本の50.3%をはじめ、米国、英国、フランス、スイスなどが平均以下となっている。

 何を持ってソーシャルインパクトとするかは難しいが、日本は富裕層人口こそ 232.7万人と世界で2番目に多いが、その割には超富裕層は少ない。なかなか、そこまで気が回らないということもあるだろう。また、他のアジアの国々が高い関心を示す理由の一つに、周辺環境にはまだまだ貧困が身近にあるという点もあるだろう。先進国よりも関心が高くなるのは自然だ。
ソーシャルインパクト
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする