トップ >  ニュース >  ポールソン氏20年間累積リターン1289%

ポールソン氏20年間累積リターン1289%

 ヘッジファンド業界を代表する運用会社の一つであるポールソン&カンパニーが、7月で設立から20年を迎え、累積リターンは1289%になることがわかった。ロンドンで公開したプレゼン資料をWSJが運営するサイト、バリューウォークが明らかにしている。主要ファンドのデータも紹介されており、関係者、投資家にとっては興味深い資料だ。

 ポールソン&カンパニーには、アドバンテージ、アドバンテージ+などの看板ファンドがあるが、それぞれのファンド立ち上げから今年7月1日までの年率平均リターンをS&P500と比較しているが、すべてで上回っていた。

◆各ファンドの年率平均リターンとS&P500(左はポールソン、右はS&P500) 
・クレジットファンド  44.5% 7.7%
・エンハンスドファンド 20.1% 5.4%
・リカバリーファンド  12.6% 11.7%
・インターナショナルファンド 12.0% 8.1%
・アドバンテージ+   11.7% 7.3%
・アドバンテージ    10.2% 7.6%


ジョン・ポールソン
ジョン・ポールソン氏
 また、全体では年率平均リターンが14.1%で、S&P500は9.7%。累積リターンでは1289%、S&P500が532%だった。ボラティリティも低く、最大ドローダウンは15.5%で、S&P500の50.9%よりも小さく、安定的なパフォーマンスを残していることがわかる。

 創業者ジョン・ポールソン氏は元々、M&Aアービトラージを得意とするファンドマネージャー。業界の中堅どころのに甘んじていたが、その状況が一変するのが2007年だった。その時の従業員だったペレグリーニ氏が不動産市場の逆バリを提言し、不動産市場の崩壊に賭けた。それで、サブプライムローンのCDSを買い集めることにし、最終的には150億ドル、当時のレートで1兆8000億円の利益を出し、一躍、歴史に名を残すヘッジファンドマネージャーとなった。

 最近の動きとしては、タックスヘイブンとしてのプエルトリコのリゾート開発会社にも投資。また、米国の不動産市場のリカバリーに投資するファンドも順調だという。
 
 また、ボトックスの大手メーカーであるアラガン社の株式を取得したことがロイター通信の報道で判明している。発行済み株式の2%にあたる600万株を保有しており、時価で10億ドルに達するレベル。ビル・アックマン氏のパーシング・スクエア・キャピタルもすでに、アラガン株9.7%を保有している。

 同社には、カナダの製薬大手バリアントファーマシューティカルズによる買収が懸案事項として存在する。SEC(米証券取引委員会)に提出したファイルでは第1四半期には保有していなかった。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする