トップ >  ニュース >  1カ月で株価2万5000%「CYNK」に2人の謎の男の影

1カ月で株価2万5000%「CYNK」に2人の謎の男の影

 いま最も注目を集めるIT企業はどこか? アップルか、ゴープロか、そうではなく、それはフルタイム従業員0人の会社だった。米国株式市場で株価がたったの1カ月間で2万5000%の上昇となったCYNK・テクノロジーズだ。怪しい取引に、SEC(米証券取引委員会)が一時取引を停止する騒動になった。


CYNKテクノロジーズ
CYNKが運営するINTROBIZ
 つい1カ月ほど前までは、株価は1株あたり1ドルにも満たない、いわゆるペニーストック状態だった。日本でいうところのボロ株だが、今年6月に入ってから出来高が急激に増加し、株価も急騰し、7月10日の場中に高値21.95ドルをつけたのだ。

 それにともなって同社の時価総額は約60億ドルという、会社規模からすればとんでもないものになった。

 同社は社員なしで、代表者はマーロン・サンチェス氏。2008年5月にネバダ州にジョン・クーバー氏が設立した、ウエブマーケティング会社。セレブとファンをつなぐサービスを提供するイントロビズというサイトを運営している。だが、肝心の売上は存在しない。資産もない。負債は150万ドルとなっている。

 現在の代表者であるサンチェス氏だが、ただの雇われ社長のようでもある。実は株式を手放しており、ハビエル・ロメロ氏、ハワード・マーコビッツ氏が所有していることが、OTCマーケッツのサイト上で明らかにされている。

 ロメロ氏は中南米のベリーズにオフィスを置いている。マーコビッツはわからなかった。何者かによる株価のつり上げが目的なのか何なのか、もちろん、意図は謎のままである。

 とりあえず7月24日まで市場の取引は停止となるが、それもやむなしだろう。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする