トップ >  ニュース >  大手ヘッジファンド、60億ドルの課税逃れの疑い(上院小委員会)

大手ヘッジファンド、60億ドルの課税逃れの疑い(上院小委員会)

 米上院常設調査小委員会は、大手ヘッジファンド運用会社ルネッサンス・テクノロジーズが、英バークレイズ銀行、ドイツ銀行との間のバスケットオプションを用いた取引で、14年間に総額60億ドル(6000億円)以上の租税を回避していた疑いがある、と発表した。同ファンドの幹部が公聴会で証言する。

 同委員会委員のジョン・マケイン上院議員(アリゾナ州)は「この件にかかわった銀行やヘッジファンドは、短期的な株式取引の税務上の取り扱いを変更するために平均的なアメリカ人投資家が行うことができないようなバスケットオプションを形成して、それを使った」と指摘。

 さらに「一般の国民には何十億ドルもの課税がなされる取引が、それを免れた。ドイツ銀行、バークレイズ銀行は10年以上にわたって、バスケットオプションを使用。1998年から2013年まで199のバスケットオプションを売却した。小委員会は、その最大のユーザーであるルナサンス・テクノロジーズに焦点を当てた」としている。


ジェームズ・シモンズ
ジェームズ・シモンズ氏
 バスケットオプションとは、オプションの対象資産が複数の金融商品となっているオプション。株式、債券、通貨など複数の商品価格が対象となっている。

 ルネサンスは、IRS(米国歳入庁)との間で課税をめぐって司法の場で係争中。具体的なファンド名は同社の旗艦ファンド「メダリオン・ファンド」であることも判明した。メダリオンは、現在は引退しているが、同社創業者でヘッジファンド界のレジェンド、ジェームズ・シモンズ氏が設立したルネサンステクノロジーのファンド。年間手数料5%、成功報酬40%という業界平均をはるかに超える手数料体系で、それだけ高いリターンを誇っているが、従業員か元従業員のみが投資家となっている。

 では、どのようなスキームで行われ、どのくらいの手数料体系で租税回避が行われてきたのか。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする