トップ >  ニュース >  富裕層人口比率1位モナコ3人に1人

富裕層人口比率1位モナコ3人に1人

 各都市の人口に占める富裕層の割合、つまり富裕層率はどれくらいなのか。そのランキングを英誌スピアーズが、調査会社ウエルスインサイトの調査結果を掲載した。1位はモナコで29.21%となった。欧州ではモナコやスイスなどの税率が低い国、他には、ロンドン、NY、パリなどビジネス拠点ともなり不動産価値の高い都市が名前を連ねている。

◆富裕層人口比率
1 モナコ    29.21% 10977人
2 チューリッヒ 27.34% 102830人
3 ジュネーブ  17.92% 33062人
4 NY     4.63%  386003人
5 フランクフルト3.88%  26830人
6 ロンドン   3.39%  281641人
7 オスロ    2.90%  17197人
8 シンガポール 2.80%  148736人  
9 アムステルダム2.63%  20508人
10 フィレンツェ 2.59%  9585人
11 香港     2.58%  184599人
12 ローマ    2.54%  69926人
13 ダブリン   2.40%  12662人
14 ドーハ    2.31%  18408人
15 トロント   2.29%  57318人  
16 ベニス    2.25%  6093人
17 ブリュッセル 2.11%  24032人
18 ヒューストン 2.09%  45164人
19 サンフランシスコ 2.07% 17096人
20 パリ     2.04%  45104人
※右の人数は都市人口から算出した富裕層人口


モナコ
 モナコ、チューリッヒ、ジュネーブは10%を超えており、富裕層純度がかなり高い。税率が低いところが有利なことは明らかなようだ。税率が低くはないNYなどは、世界のビジネスの中心でもあり、多くの富裕層が誕生することから、4位と高いポジションにいる。一方で、割合が低い都市は貧富の差が大きくなるということでもある。

 日本の都市は出てきていないが、資産30億円以上の超富裕層は、東京で3525人となっている。また、大阪は1450人だった(数字はいずれもナイトフランク調べ)。

 日本には232万人の富裕層がいる(ワールドウエルスレポート)。米国に次ぐ世界2位の富裕層大国だが、東京という都市レベルで言えば、人口が1335万人と、NYの833万人と比べても圧倒的にボスうが多すぎるために、富裕層率が高くならないことは推測できる。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする