トップ >  ニュース >  「週休4日制」世界有数の大富豪が提唱

「週休4日制」世界有数の大富豪が提唱

 「1週間3日勤務が常識になる」。

 何と週3日勤務、つまり週休4日という大胆なアイデアを公言したのは、世界有数の大富豪であるカルロス・スリム氏(74歳、総資産803億ドル)だ。

 英フィナンシャルタイムズによると、理由としては、70歳、あるいは75歳まで働くことが半ば当たり前のようになっているからだという。つまり、現在のように1日10時間以上の労働ペースを週5日続けても、バランスの良い生活を送ることができないという。また、日々のオペレーションに支障が出ないかという懸念については、ワークシェアをすることで解決が可能だとする。


カルロス・スリム
カルロス・スリム氏、右はシルベスタ・スタローン氏
 元々、スリム氏は、ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットの2氏が提唱するギビングプレッジ(総資産の半分を寄付することを大富豪に呼び掛ける運動)には賛同しておらず、社会貢献とは自助努力を促すために雇用の場を作ることだと公言してきた。世界の大富豪ビッグ3の中で唯一、寄付に反対している。週3日制は、より多くの人に雇用の機会を提供する手段だと考えているのだろう。

 また、公的年金の財源不足は日本国内だけではなく、定年延長なども今後は検討されていくことが予想され、一生働くという選択肢も予見しているのかもしれない。

 大富豪の勤務制度の発言としては、他にもある。グーグル共同創業者ラリー・ペイジ氏は、週休3日、つまり週4日労働について発言したことがある。これは、ワークライフバランスの観点からで、同社は休暇、自由時間などを制度として大事にしている。

 他には、現在は一般的となった「週休2日制」だが、これは1922年に自動車王ヘンリー・フォードが口にした言葉だ。1日8時間勤務、週休2日は良い製品を製造する上で欠かせないという理由からだった。当時はクレイジーと思われたが、今はだれもそう思わない。

 ただ、週3日制、週4日制の働きで、大富豪になれるとは到底思えないが。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする