トップ >  ニュース >  AKB48運営社長が退任、篠田麻里子さんブランド破綻の陰に

AKB48運営社長が退任、篠田麻里子さんブランド破綻の陰に

 AKB48などのグループの運営会社「AKS」の窪田康志社長が6月末で退任していたことが24日、わかった。同日発売の週刊文春が伝えたもの。AKS社内では窪田氏の金に対してルーズな放漫経営が話題になっていたといい、中には元AKB48篠田麻里子さんがプロデュースしたものの破綻したブランド「リコリ」の会社にも不透明な資金の流れがあるとしている。人気グループを多数抱えながら24億円の営業損失があったともいい、首脳陣にも足元の揺らぎが見え始めている。


篠田麻里子さん
篠田麻里子さん
 篠田さんのプロデュースするブランド「リコリ」の運営会社が先日破綻。あるアパレル社長は「高くて、ダサくて、握手券付けても無理」と一笑に付していたが、その予想どおりか、メディアでは高い露出度があったものの、客足はサッパリだったようだ。というのも、出店場所の高い賃料に見合う価格帯に設定しなければならず、稚拙なデザインので購買意欲をそそるまでには至らなかったようだ。

 実はこの破綻の裏に、週刊文春が伝えた窪田氏の社長退任があるのだとしている。

 すでに、AKSは以前から、SKE48、NMB48の運営でも主体として携わっているパチンコメーカーの京楽からの資本参加と役員を受け入れている。AKB48、乃木坂46など人気グループを抱えながら24億円の営業損失が出ているといい、窪田氏が退任し、窪田氏の持ち株20%を京楽が買い取ったという。その一端として、リコリに約5億円が融資されていたこともあったと、週刊文春は伝えている。

 週刊文春は以前、「AKB48は事務所社長の『喜び組』」と2010年2月18日号で伝え、裁判にもなり一審、二審ともに、AKSが勝訴している。ここで愛人だと報道されているのが、篠田さんだった。そのためか、不可解な焦げ付き融資だったとの見立てだ。

 篠田さんと同じくAKB48の初期メンバーだった川崎希さんはアパレル社長である。過去にゆかしメディアの取材に、川崎さんは手元資金40万円だったが、流行の流れが少ないメンズで起業したことを語っていた。その方が定番商品でロングセラーになりやすいのだという。

 リコリは最初の計画から結果は見通せていたのかもしれない。篠田さんは閉店してから「ricoriが閉店する事になり大変驚いています」とツイート。まさか知らないとは、そんなことはなかろう…。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする