トップ >  ニュース >  カルパースがヘッジファンド投資4割減を決断か

カルパースがヘッジファンド投資4割減を決断か

 全米で最大級の年金基金であるカルパース(カリフォルニア州職員退職年金基金)が、ヘッジファンド投資の規模を40%減させる計画であることが米WSJの報道でわかった。同基金はヘッジファンドに50億ドル強の資産を配分しているが、減額後に30億ドル程度になる見通しだという。コストとリターンのバランスを考慮した、年金基金の厳しい目に晒されている。

 2000年以降になって各州の年金基金はヘッジファンドへの投資額を徐々に増やしていくようになってきた。全体の8%程度をヘッジファンドを組み入れるところも出てくるなど、運用リターン拡大とリスクヘッジを行うための戦略的な選択として広がっていった。

 カルパースの場合も同様に、長期的なリターンの向上と分散投資によって、年金債務のリスクヘッジするというのが当初の戦略だった。同基金の内規は厳しく、少なくとも3年に一度は投資方針の見直しを行うものとしている(ただし、2億ドル以上の案件は投資委員会が決定する)。レバレッジの比率、月次最大ドローダウンなどについても内規が厳しく決まっており、それには耐えることができなかったようだ。

 カルパースが、2012年10月時点で保有する主なヘッジファンドは次のとおり。

◆ブラック・リバー・フィックスドインカム・リラティブバリュー
◆チャンスハム・ユーリカファンド
◆ブルー・トレンドファンド
◆OZユーリカファンド
◆シンフォニー・ユーリカファンド

 ちなみに、全米でヘッジファンド組み入れ額が最も大きいと見られる基金は、ペンシルベニア州公立学校教職員年金基金(PSERS)。全資産530億ドル中の60億ドル以上で、全体の1割以上を占めているところもある。

 カルパースの運用総資産額は、3019億ドル。ヘッジファンドはそのうちの2%に満たない額でもある。

 伝統的資産が総崩れした時などリスクヘッジとしてのヘッジファンドは魅力的と見られていたが、ただ、年間手数料2~3%、成功報酬20%前後を支払うコストに比べてリターンは限定的に終わったことで決断をしたようだ。

 WSJが紹介した、コンサルティング会社ウィルシャー・トラスト・ユニバース・コンパリソン・サービスの調査結果によると、運用資産10億ドル以上の公的年金基金の運用成績で、3月までの3年間の公的年金基金によるヘッジファンド投資の平均収益率は3.6%で、PEの収益率10.9%、株10.6%、債券5.7%を下回っていた。

 カルパースの発表によると、2013年度の成績は平均18.4%。公開株式だけのリターンでも24.8%で、ベンチマークを0.5%上回ったとしている。また、年金基金のベンチマークも1.6%上回った。
カルパース、アセットアロケーション
カルパースのアセットアロケーション

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする