トップ >  メイク・マネー >  小佐野一族、巨額の相続資産めぐる争い

小佐野一族、巨額の相続資産めぐる争い

 昭和の経済人・小佐野賢治氏の総資産は一時10兆円を超えるとも言われた。しかし、実は資産をほとんど持たなかった。それは、国際興業にほぼすべての資産を入れていたからだが、相続、サーベラスによる再生時代を経てもまだ莫大なものがある。その小佐野一族の国際興業ホールディングスの株式をめぐって、一族が身内を相手に損害賠償額110億円を求める訴訟が東京地裁になされている。印紙代だけでも1700万円に上る異例のもので、まさに相続が争続になっている。

敵は身内に

 サーベラスの管理下にいた国際興業ホールディングスも、「ハゲタカ」の撤退によって完全な自由を得たかのように見えた。しかし、一難去ってまた一難、実際の敵は身内にもいたのだった。すでに再建のために資産などは随分と剥がされている一大企業帝国だが、まだそれでも同社株式をめぐって110億円という争いが行われるほどだ。

 まず、問題となる国際興業HD株の移動が始まる前の原告側の持ち株と、被告側の持ち株を整理しておく。

◆原告側(持ち株数、一族内持ち株比率)平成16年3月時点
敏子 372万4600株 27.54%
千砂 55万6000株  4.12%
匠  72万3200株  5.35%
弾  72万3200株  5.35%

◆被告側(同)
隆正 523万6000株 38.77%
※敬称略

 この原告の株式が後にすべて、被告の株式に変わるのである(被告は小佐野隆正氏と、国際興業HDの2者)。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする