トップ >  ニュース >  F1王の娘が「ビバ・ヒル御殿」を150億円で転売へ

F1王の娘が「ビバ・ヒル御殿」を150億円で転売へ

 テレビドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」などを手掛けた名プロデューサー、アーロン・スペリング氏の大邸宅が1億5000万ドル(約150億円)で売りに出されていることが、LAタイムズの報道でわかった。米国史上では史上最高額となるが、リーマンショックを経て値が下がり、FI王バーニー・エクレストンさんの二女ペトラさんが8.6億ドルで購入していた。


ビバリー・ヒルズ
「ビバ・ヒル御殿」
 米LAのロサンゼルスに1991年に建設されたこの大豪邸は、2009年当時の売り出し広告によると、1万9000平方メートルの広大な敷地に、仏のシャトーを思わせる装いで、邸宅の面積だけで5200平方メートルとなっている。部屋数は100室を超えるが、正確な部屋数は多すぎるために誰も数えたことはないという逸話もあるほど。通称「ビバ・ヒル御殿」とも言われている。

 スペリングさんは2006年に死亡。その後は夫人が住んでいたが、2009年に転居することになり売却した。

 その後も買い手がつかなかったためか、ペトラさんは2011年に値切って8500万ドルで購入しているが、英国に住んでいるために当時は本当に居住意思があるのかどうか疑念が持たれており、おそらくは転売目的ではないかと思われていた。

 大都市部の住宅価格指数では、米不動産サイトのジローが算出するバリューインデックスによると、17万4200ドルでリーマンショック前につけた指数の直近の最高値である、2007年の19万6300ドルに近づいてきている。売り時と判断したようだ。

 ちなみに、ペトラさんの姉タマラさんも2011年に、同年にはロンドンのケンジントン宮殿がすぐ近くにある広さ約1500平方メートル邸宅約7000万ドル(約71億円)を購入している。もちろん、姉妹2人とも父エクレストン氏のお金で支払っているという。

 これまで実際に取引された邸宅の価格ランキングを以前に紹介したことがあるが、もしも1.5億ドルで売却できれば、世界8位の高額物件となる。
 
◆邸宅価格ランキング(オーナー、取引額、資産総額、所在地) 
1 ムケシュ・アンバニ 10億ドル  239億ドル 印

2 リリー・サフラ   7.5億ドル 13億ドル  仏

3 アイラ・ルノー   2.48億ドル 60億ドル 米

4 不明(ワン・ハイドパーク) 2.37億ドル マンション 英

5 ラクシュミ・ミッタル 2.22億ドル 166億ドル 英

6 リナト・アクメトフ  2.21億ドル 118億ドル 英(ワン・ハイドパーク)

7 ラリー・エリソン   2億ドル  514億ドル 米

8 ローマン・アブラモビッチ 1.4億ドル 94億ドル 英

9 ケネス・グリフィン  1.3億ドル  52億ドル 米

10 ビル・ゲイツ    1.2億ドル  775億ドル 米

11 不明(コネチカット) 1.2億ドル 米

12 孫正義        1.17億ドル 173億ドル 米
※敬称略

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする