トップ >  クオリティライフ >  高額落札馬主ランキング(セレクトセール)

高額落札馬主ランキング(セレクトセール)

「金は出しても口は出さぬ」

 上場企業の図研の創業者としても知られるが、日本の馬主史上では最も成功を収めた人とも言われる。これまでの主な活躍馬には、ディープインパクト、キングカメハメハ、クロフネ、アパパネ、トゥザヴィクトリー、カネヒキリなどスターホースが並ぶ。

 なぜここまで成功したのかは一概には言いきれないが、主要生産牧場のノーザンファームの馬に強く、特に同牧場のサンデーサイレンス産駒で大きな成果を上げている。ディープインパクトなどを管理した池江泰郎・元調教師は、現役時に金子氏のことを「馬を羽振り良くパッと買うタイプ。かと思えばレースの使い方や調教について細かな口出しはしない」と筆者の取材に答えたことがある。

 馬の素質はもちろん大事なのだが、エージェントや調教師が評価する馬を買い、そして、現場への介入はしなかったというのが成功の大きな要因ではなかろうか。

 他では、カタールのファルド・アルターニ殿下の代理人が10位に入っている点も気にかかる。カタール王室と言えば、伊高級ブランドのバレンティノや、英高級百貨店ハロッズをはじめ、ランドマークとなるような高級不動産など、世界中でブランドの買い漁りを行っている勢力だ。また、世界最高峰のレースである凱旋門賞のスポンサーにもなっており、競馬に力を入れるようになった。

 今年は最高額となった「リッスンの2013」を2億6000万円、他にも「ミュージカルウェイの2014」を1億8000万円で競り落としている。ともにディープ産駒で、億超え2頭を競り落とした。他にも、5~9000万円台の馬も購入しており、本気度は高そうでUAE勢より今後は驚異となりそうだ。

 また、新興勢力ではエステサロン「ミュゼプラチナム」の経営母体ジンコーポレーション、高橋仁氏や、カレンチャン、カレンブラックヒルで旋風を起こしている、眼科医の鈴木隆司氏の名前もある。

  減価償却資産にもなる競走馬を購入することは節税策の一つであり、複数頭所有することで事業所得にもなり、損益通算が可能となる。もちろん、それ以上に馬主として競馬にかかわることに魅力がある。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする