トップ >  ニュース >  バークシャー株価初の2000万円超え

バークシャー株価初の2000万円超え

 14日の米国株式市場で、著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資・保険会社バークシャー・ハサウェイの株価が、前日比3241ドル高の20万2850ドルをつけ、上場来で初の2000万円超えとなった。これまで株式分割、配当を実施してこなかった頑固な企業の投資方針への評価がここにきて加速している格好だ。


バフェット
 1962年に繊維会社として潰れかけていた同社を購入したのがバフェット氏。しかし、その当時の経営者と意見が合わなかったために、買収を進めて乗っ取った。後にCNBCのインタビューに、これまで投資した最悪の企業は、バークシャーだったと答えているほどだ。

 バフェット氏は、バークシャーを投資・保険会社と変貌させ現在の姿に変えていった。同社のA株の株価は1977年当時はまだ100ドル、2006年に初めて10万ドルを突破。リーマンショック前には15万ドルに達していた。

 毎年大々的に報道される定時株主総会でも、株式分割、配当という要求は出ていたものの、これまでには一度も応じていない。株価が高い要因の一つであるが、また、株価が高ければ短期での取引には向かないためでもある。

 リーマンショック後に自社株買いが検討されたこともあったが、実行はせず。96年には銀の先物取引に全力を傾けたような失敗もあったが、総じて、これまでの投資活動が高く評価されたということだ。

 ちなみに、1980年にバークシャーのA株40株を購入したカナダの個人投資家が紹介されたことがあるが、購入時の株価が1株=256ドルで、わずか1銘柄だけで資産は1000億円を超える大富豪になったという例もある。
 
 本当の意味で、長期投資の王道銘柄となった。

 残す課題はやはり後継者問題。最有力と見られたデビッド・ソコル氏が2011年にインサイダー取引疑惑で退任。その後はテッド・ウェシュラー氏、トッド・コームズ氏らをメンバーに加えたが、長男のハワード・バフェット氏は、父のことを「一生引退しない」とも語っている。いずれにせよ、先々の株価が楽しみな会社の一つである。
バークシャー・ハサウェイ
バークシャー・ハサウェイの株価
(マーケット・ウォッチより)

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする