トップ >  ニュース >  米不動産王のカジノも閉鎖へ(アトランティックシティ)

米不動産王のカジノも閉鎖へ(アトランティックシティ)

 米アトランティックシティのカジノ業界で、新たに米不動産王ドナルド・トランプ氏のホテル&カジノ運営会社トランプ・エンターテインメント・リゾーツが会社更生法の手続き適用の申請を行うことが明らかになった。これで同市のカジノの廃業は5軒目となる。同市のカジノ産業の経過と背景を少し見ておくことにする。

 すでにシーザーズエンターテインメント、レベルなど廃業が相次ぐ中で、ブルームバーグがトランプ氏のカジノの廃業も新たに伝えたことでさらに業界に衝撃を与えそうだ。

 1970年代、1980年代はラスベガスを持つネバダ州、アトランティックシティのニュージャージー州だけがカジノが合法化されていた。特に大都市NYに近いという立地の良さもあり、アトランティックシティのカジノ産業は毎年、3ケタ、2ケタの売上増となっていた。

1979年 3億2548万ドル 142.96%
1980年 6億4267万ドル 97.45%
1981年 10億997万ドル 67.94%

 80年代前後のこの頃が最も成長していた時期となる。また、1986年から2006年までは急激な成長は止まり安定期に入ったものの、前年比を上回る着実な成長をしていた。売上高のピークは2006年で52億1761万ドル。しかし、その後の2007年からは7年連続のマイナス成長で昨年2013年は4割以上も減少し、28億6206万ドルまで下げている。

 その理由の一つとしては、インディアン・カジノと呼ばれるものの存在がある。州法ではなく連邦法によってカジノ営業が許可され、現在では先住民族の保留地で部族がカジノリゾートを運営している。場所によってはかなりの売上高を出しており、観光客にとっては選択肢が増加していることも足を遠ざける要因になっているようだ。

 また、目をマカオに移せば、政府発表の月次売上高では、6月、7月と連続で対前年比マイナスとなった。中国本土の共産党幹部の取り締まりが厳しくなったこともあり、ハイローラーである政府高官が自粛したこともある。カジノ運営も厳しく楽ではないようだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする