トップ >  ニュース >  不況下でも養育費は惜しまない母親(矢野経済研究所)

不況下でも養育費は惜しまない母親(矢野経済研究所)

 矢野経済研究所は4日、未就学児をもつ母親を対象にした「子供に関する母親アンケート調査結果 2009」を発表した。それによると、不況下においても子供関連費用は優先的に出し、特に教育費は惜しまないという傾向が明らかになった。

 これは、同研究所が2009年5月に全国の3歳から6歳までの未就学児をもつ母親480名に、インターネット上で行ったアンケート。

 それによると、家計をやりくりする4割強の母親が不況前と現在を比較し、支出を削減している、または削減するよう努力していると回答。具体的な削減費用項目については、外食費(76.8%)や家庭内の食費(69.2%)といった必要経費である毎日の食費をこつこつと節約する一方、レジャー費(52.1%)など家族で参加するため大きな支出になりがちな費用においても控える傾向が顕著にみられた。また、大人用の衣服・バック・靴への消費(55.5%)や交際費・飲み代(35.1%)など大人向け消費を自粛する傾向にあるが、子供関連の必要経費の削減は7.1%にとどまり、家庭内においては子供優先の予算配分をしていることがわかった。

 また子供関連のあらゆる経費については支出する傾向があるが、将来的にはどういった費用項目に支出する意向があるのかについては、貯蓄用の教育資金(50.8%)をはじめ、子供の書籍・絵本・参考書(25.8%)、スポーツ(19.2%)や音楽(11.0%)、知育(17.3%)等のお稽古ごとや通信教育といった教育関連費用が主軸になった。
 その一方で、おもちゃやゲーム関連の支出は削減したい意向があるなど、単に子供の望む娯楽ではなく、小さいうちから頭と身体をしっかり鍛えられるような教育を施し、心身ともに健康な子供に育てたいという親としての願いを読み取ることができた。

 また子供向けサービスを選択する際に重視する点については、子供自身が興味を示すこと(68.1%)、昨今の家計状況から“値段”(62.1%)という項目の比重が大きかった。一方サービス提供者側への要望としては「サービス提供者が信頼できるかどうか」(59.2%)が重視され、これは「サービス提供者のブランド名」(5.6%)と比較すると50ポイント以上の開きがあった。消費財の安心・安全に対する消費者意識が高まりをみせる中で、企業や商品のブランドを鵜呑みにするのではなく、自身の教育方針と合致するかどうか、また納得のできるサービスであるかを見極める必要があると考える親の姿が浮かび上がった。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする