トップ >  メイク・マネー >  東京・港区の水害危険地域と地価への影響、南青山、南麻布、西麻布…

東京・港区の水害危険地域と地価への影響、南青山、南麻布、西麻布…

南青山、南麻布、西麻布、赤坂、六本木…

 「ハザードマップ」とはその名の通りで、いわゆる自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図に表したもの。土砂災害のハザードマップ「急傾斜地危険箇所地図」によると、自然斜面では、白金台3、白金2、4、南麻布1、元麻布2などがある。人口斜面では、赤坂、六本木、元麻布、西麻布などに、その該当箇所が見られる。

 そもそも港区には傾斜地が多いため前ページで示した3条件(がけ地の傾斜度が30度以上、がけ地の高さが5メートル以上、被害想定地域内に人家等が存在する)に当てはまる場所が多く出てくるのも当然か。
港区土砂災害危険箇所図
港区土砂災害危険箇所図

 「港区浸水ハザードマップ」で浸水する可能性が指摘されているエリアには南青山、南麻布、西麻布、麻布十番、白金台、溜池山王など高級住宅街が並ぶ。これらの地区は浸水深が2.0メートル(下図青色)で、一戸建ての1階部分が浸水するレベルだ。
港区浸水ハザードマップ
港区浸水ハザードマップ

 実際に都心部の浸水を想像はしにくいものの、目黒区の目黒川、杉並区の善福寺川や、港区でも南麻布5丁目、同2丁目の南側を流れる古川も氾濫は起きている上に、さらに短時間の集中豪雨は侮ることはできない。

 気象庁が発表する「気候変動監視レポート」(2013年)によると、1日の降水量100ミリ以上を記録する日は年々増加していることがわかる。この図では示していないが200ミリ以上を記録する日も年々増加、その一方で10ミリ以下の日は減少している。
気候変動監視レポート
気候変動監視レポートより

 港区など東京都心部は地震だけではなく、これだけ自然災害に囲まれた環境にあるが、では不動産価値にどれほどの影響を与えるのだろうか。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする