トップ >  ニュース >  江副氏の名義残るリクルート株、相続協議は不調か?

江副氏の名義残るリクルート株、相続協議は不調か?

 今年の株式市場の新規株式公開(IPO)で最も注目されていたリクルートホールディングスの上場が東京証券取引所から承認され、上場日が10月16日に決定した。公開された有価証券報告書によると、大株主に創業者の故・江副浩正氏、江副記念財団の名前が登場。相続申告期限を経過しても何らかの事情で名義書き換えがなされていないことも判明した。

 リクルートホールディングスの上場日が10月16日に決定した。想定価格は公募増資の価格を基にして1株=2800円で、公開価格は10月6日に決定され、時価総額は1兆6000億円レベルになる模様だ。規模としては今年最大。大株主の持ち株数と比率は次のとおり(1000株以下は省略)。

リクルートグループ社員持株会 6388万株 11.19%
リクルートHD        4057万株 7.11%
大日本印刷          3770万株 6.61%
凸版印刷           3770万株 6.61%
電通             3000万株 5.26%
三井物産           3000万株 5.26%
農林中央金庫         2500万株 4.38%
あおぞら銀行         2405万株 4.21%
NTTデータ         2050万株 3.59%
第一生命保険         1200万株 2.10%
みずほ銀行          1200万株 2.10%
三井住友銀行         1200万株 2.10%
三菱東京UFJ銀行      1200万株 2.10%
TBSテレビ         1111万株 1.95%
日本テレビ放送網       1111万株 1.95%
TIS            1000万株 1.75%
図書印刷           930万株 1.63%
王子製紙           900万株 1.58%
野村総合研究所        900万株 1.58%
位田尚隆           701万株 1.23%
エイピーアールシーティファンド634万株 1.11%
博報堂DYHD        600万株 1.05%
AP RCT FUND    589万株 1.05%
江副浩正           506万株 0.89%

 昨年2月に亡くなった江副氏は現在でも個人株主としては2位で、時価総額は約142億円になる。また、江副氏が生前に芸術支援活動を行ってきた公益財団法人江副記念財団も143万株(0.25%)を保有しているが、財団分の時価総額は約40億円となる。

 申告期限はすでに過ぎているものの、江副氏個人の株式については権利者が何人いるかはわからないが、協議ができていない場合は原則は人数分の共有ということになる。

 さらに株式がペーパーレス化する以前に、江副育英会が保有するリクルート株(株券番号1B1155号、1B1157号、1B1158号)3万株が外部に流れたこともあった。江副氏の家族がワールド創業者の畑崎広敏氏の資産管理会社に平成16年に売却したのがきっかけだが、クリスタルグループ買収に絡む脱税事件に名前も出てきた投資家にわたり、名義書き換えを求められるということもあった。

 有価証券報告書内の株式の移動にも記載はなかった。株主欄に、その他538人(575万株 10.09%)という記載があるものの、これだけでは判明しない。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする