トップ >  クオリティライフ >  フェラーリは中国人富裕層に魂を売るか?

フェラーリは中国人富裕層に魂を売るか?

 伊高級車ブランドのフェラーリは先日、ルカ・ディ・モンテゼーモロ会長が退任し、親会社フィアットグループのマルキオンヌ会長が後任として兼務する人事が発表された。減産化でブランド性を高める戦略に出たモンテゼーモロ氏と、増加する富裕層人口に歩調を合わせて増産しようとするセルジオ・マルキオンネ氏との方針が真っ向から対立。業績は創業以来の黄金時代を迎えているものの、魂であるF1の大不振がその表向きの理由だ。トップが交代して方針転換は必至の情勢で、王者はそのブランドを維持できるのか。

最高益達成は目前

 2013年は売上高23億ユーロ、最終利益でも2億4600万ユーロの増収増益。今年2014年上半期も売上高13億4860万ユーロは前年同期比14.5%増、純利益は同約10%増の1億2760万ユーロで通期の最高益達成は間違いないと思われた矢先での退任だった。


フェラーリ
会見するマルキオンネ、モンテゼーモロの2氏(左から)
 伊マラネロの本社で記者会見に臨んだ2人。モンテゼーモロ氏(67)は「フェラーリはフィアットグループの今後のウォール街での浮上に重要な役割を持つことになります。これは時代の終わりであり、70年代から故エンツォ・フェラーリのそばで過ごした23年間は忘れられないものであります。フェラーリは世界でもっとも素晴らしい会社。今後もフェラーリの成功を願っています」と別れのあいさつをした。

 レース資金を作るために車の製造も始めたフェラーリだが、経営は常に困難な状況に陥り、結局は1969年にフィアットグループに入りすることになった。そして、70年代に入ってモンテゼーモロ氏はフェラーリに「出向」したのだった。創業者エンツォ・フェラーリ氏の右腕となり、F1で王座に駆け上がった。巨匠に最も近い距離で仕事をしてきた薫陶を受ける中で、23年間の会長職を務めるうち完全に「フェラーリ側」の人間になっていた。もっとも、今シーズンのF1の成績では退任はやむを得ないだろうが。

 F1での成績と業績を向上させた上で、フェラーリのブランドを世界最高峰まで押し上げてきた。ただ、ブランドにとっては需要と供給の調整はひじょうに厄介な問題として、常につきまとうものだ。周囲を取り巻く状況の変化はめまぐるしく、特に中国をはじめとする新興国の富裕層の増加は2人の方針の対立を激しくあおるものだった。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする