トップ >  ニュース >  ゴルフのうまいCEOランキング、ゴルフうまけりゃ給料も高い?

ゴルフのうまいCEOランキング、ゴルフうまけりゃ給料も高い?

 米ゴルフダイジェストは、米国CEOのゴルフのうまいランキングを発表し、1位はEGLのジェームズ・クレーンCEOだった。ゴルフの腕前が上がるほど給料が上がるという調査結果もあるが、それら調査もふくめて見ていきたい。

 まずはGD誌が発表したランキングの上位10社を列挙する。
1 James R. Crane EGL (Eagle Global Logistics) 0.8
2 Jerry Jurgensen Nationwide 0.9
3 Curt S. Culver MGIC Investment 2.6
4 Theodore L. Chandler Jr. LandAmerica 3.0
4 John F. Lundgren The Stanley Works 3.0
6 Stephen E. Macadam BlueLinx Holdings 3.5
7 Edward W. Stack Dick's Sporting Goods 4.1
8 Barry E. Davis Crosstex Energy 4.2
9 Stephen M. Bennett Intuit 4.4
10 Michael L. Eskew United Parcel Service 5.2
10 David A. Perdue Jr. Dollar General 5.2
10 Mayo A. Shattuck III Constellation Energy Group 5.2


ゴルフ
 ちなみに、1位のジェームズ・クレイン氏はの2013年の報酬は39万5100ドル、2位ジェリー・ヨルゲンセン氏は18万8437ドルとそれほど高額というわけではない。だが、3位のカート・カルバー氏は337万ドルと日本円にして3億円超となる。業種にもよるために、一律というわけにはいかない。

 過去2010年にGD誌のデータを基にして、ゴルフの腕前と報酬の相関関係をまとめた研究論文が存在する。そこでは、能力との相関関係を定義づける根拠はない、としているものの、データ上では相関関係が認められている。その一方で株価についてだが、ゴルフが下手な人がCEOに就任すると、株価は良好な反応を取る傾向にあるという。

 ちなみに、米誌フォーブスが調べた大企業のCEOのゴルフの腕前と株価の上昇を調べた結果では、コムキャストのブライアン・ロバーツ氏、GEのジェフリー・イメルト氏、シスコシステムズのジョン・チェンバース氏、AT&Tのランドール・ステファンソン氏、JPモルガンのジェイミー・ダイモン氏の名前が挙がっていた。株式市場の環境も影響するためには、前出の調査とフォーブスの調査で一致しないところもあるのだろうか。

 ゴルフは自己コントロールやコースマネージメント、一打ごとの意思決定が必要不可欠なスポーツであり、経営との通ずるところがある。

日本国内でもそうした関連の書籍は多く出ており、「できる社長は、なぜゴルフがうまいのか?」(石井亘著)、「社長になる人はなぜゴルフがうまいのか?~あなたが変わる最強の集中力~」(西田文郎著)、「ゴルフがビジネスの成功につながる理由 または成功した経営者はなぜゴルフを愛するのか」(田井真貴子、木下裕司著)などがある。

 あとは付け加えておかなければならないのは、「1ドルCEO」の存在がある。基本給は1ドルでは、ゴルフの腕前との相関関係を測ることは不可能である。たとえば、日本のソフトバンクの孫正義社長は引退まで報酬は受け取らないことを決定している(配当は別)が、ゴルフの腕前はかなりのものだと言われる。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする