トップ >  ニュース >  債券王グロース氏がピムコ退社でジャナスへ

債券王グロース氏がピムコ退社でジャナスへ

 米投資運用会社ジャナス・キャピタル・グループは26日、債券王ビル・グロース氏が加入したと発表した。PIMCO(ピムコ)から正式に移籍して、9月29日からヤヌスで債券運用を率いることになる。新たに債券ファンドが立ち上がるといい、さらに同社には、ノーベル経済学賞受賞者のマイロン・ショールズ氏も加わる。


ビル・グロース
ビル・グロース氏加入を発表するヤヌスのHP
 昨年、モハメド・エラリアンCEOが突然の退任に始まり、そして、現在はファンドの基準価額をかさ上げして顧客に案内しており、米証券取引委員会(SEC)の調査を受けているとも伝えられている。揺れている債券運用の名門から、創設以来ずっと看板のCIOだったグロース氏が突然の移籍発表となった。

 グロース氏のコメントはジャナスが発表しており、それによると「わたしは大規模で複雑な組織を管理していくことをあきらめました。債券市場や投資に焦点を完全に移すことを楽しみにしています。クライアントの資産を管理することに1日の大半を費やすことを尊重するため、わたしは次の家にヤヌスを選びました。債券のCIOギブソン・スミスのチームとのパートナーシップを楽しみにいしています」と述べており、近年のピムコでの苦しみを表している。

 ジャナスは、コロラド州デンバーに本社を置く、投資運用会社。日本ではあまりなじみはないものの、債券投資の大手でもあり、総合的な投資運用管理を行っている。

 ジャナスのリチャード・ワイルCEO(最高経営責任者)は「ビル債券投資で代表的な存在で実績もあり。マクロ戦略を中心に、ますます難解となる債券市場をリードしてくれることだろう」と述べている。

 グロース氏は、1971年のピムコ創設メンバーの一人であり、常に第一線で活躍。「トータル・リターン・ファンド」の運用を担当し、債券投資で大きなリターンは出ないという投資業界の定説を覆し、年率10%を超えるリターンをあげることも多かった。それでついた称号が「債券王」だった。デューク大卒、UCLAでMBA取得。これらの学費をギャンブルで稼ぎ出した武勇伝もある、名うてのギャンブラーでもある。

 昨年ピムコを去ったモハメド・エラリアンCEOは、グロース氏と運営を方針などで対立していたとされる。また、トータル・リターン・ファンドは近年はパフォーマンスが低調で、8月まで16カ月連続で資金流出が続いていた。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする