トップ >  ニュース >  CMギャラ嵐1人5000万円、錦織圭は注目株

CMギャラ嵐1人5000万円、錦織圭は注目株

 2014年秋の、タレントのTVCMギャラを週刊文春が公表した。嵐、SMAPが1億2000万円と高値で安定しており、一方で江角マキコさんが事件によるイメージ悪化が響く中で、プロテニス錦織圭選手の人気が高まるなど変化が出ている。

 数字は目安であり、その後の交渉によって値段が上限することは一般的なものだ。

 では、女性から見ていくと、綾瀬はるかさん、新垣結衣さんら高感度も高く高値安定。人気急上昇中の有村架純さんが追う。一方で身内の刑事事件で今後が危ぶまれたローラさんや、沢尻エリカさんは奇跡的な復活となっている。


江角マキコ
江角マキコさん
 評価が急落しているのが、江角マキコさん。

 週刊文春の報道で明らかになった、ママ友の夫、長嶋一茂氏の自宅に誹謗中傷の落書きを行ったとされる事件で、本人は報道で初めて知ったとしているが、たとえ誰が首謀者であろうともイメージは最悪で、今後の起用には及び腰になるのは想像に難くない。花王「アタック」「ソフィーナ」のCMも今後はわからないだろう。

 本人も短期のブームであることを公言してきた壇蜜さんも、そろそろ勢いが切れそうな時期でもある。





◆人気
綾瀬はるか 4000~4500万円 高値安定
新垣結衣  3500~4000万円 クライアントから人気
有村架純  2500~3000万円 今年一番の注目株
杏     2500~3000万円 安定人気

◆復活
ローラ   3000万円    父親の事件後も評価高い
沢尻エリカ 3500~4000万円 連ドラヒットで奇跡的復活

◆下落
壇蜜    1000万円   ブームしぼむ
芦田愛菜  500~1000万円 子役ブーム終焉
江角マキコ 0~2500万円  落書きスキャンダル
※敬称略

 男性は嵐の存在はあるものの、いまだにアラフォー軍団SMAPが健在のようだ。

 過去にSMAPが出演した「芝浦アイランドグローブタワー」のCMでは、SMAP出演が購入の動機の一つにもなっていたとも言われている。ほとんどの人にとっては、生涯で最も高い買い物になる住居に対してまで影響を与えるという逸話は、高値安定も納得できる。

 嵐もグループではSMAPとほぼ同条件で、メンバー単独出演になった場合は基本、5000万円の横並びという。

 プロテニスの錦織圭選手が今年のグランドスラムの全米OPで準優勝したことで評価が上昇した。プロスポーツ選手はスポンサーのプロモーション活動への協力姿勢が生命線でもあるが、錦織選手は元々スポンサー受けは良く、今後のスポンサー増、CMギャラアップは十分見込めるだろう。
 
男性
◆高値安定
嵐     1億2000万円  単独では5000万円で横並び
SMAP  1億2000万円  いまだ購買への影響強し

◆下落
本田圭佑  4000万円    W杯の不振とマネジメント交代
鈴木福   1000万円    子役ブーム終焉

◆人気上昇
錦織圭   6000万円    全米OP2位で評価急上昇
堺雅人   4000万円    優良広告主から人気
※敬称略

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする