トップ >  ニュース >  業界別米大学ランキング(リンクトイン)

業界別米大学ランキング(リンクトイン)

 米SNSリンクトインが、業界別の大学ランキングを発表した。これは、3億人のユーザーの雇用形態を分析。各業界の理想的な企業でどこの大学OBたちが長く活躍しているかという新たな指標を基にランク付けしたもの。

 会計、デザイン、金融、投資銀行、マーケティング、マスコミ、ソフトウェア開発、スタートアップの8業界に分けて各大学のランキングを出している。以下に1~5位までの大学を抜粋した。

◆会計
1 ヴィラノバ大
2 ノートルダム大
3 ボストンカレッジ
4 リーハイ大
4 エモリー大

◆デザイナー
1 カーネギーメロン大
2 ビジュアルアーツ大
3 クリエイティブスタディーズ大
4 アートセンターカレッジ
5 ワシントン大

◆金融
1 ペンシルベニア大
2 イェール大
3 ジョージタウン大
4 プリンストン大
5 コロンビア大

◆投資銀行
1 ジョージタウン大
2 ペンシルベニア大
3 イェール大
4 デューク大
4 コロンビア大

◆マーケティング
1 ペンシルベニア大
2 ミシガン大
3 ハーバード大
4 NY大
5 コーネル大

◆マスコミ
1 NY大
2 ホフストラ大
3 デューク大
4 ハワード大
5 ノースウエスタン大

◆ソフトウェア開発
1 カーネギーメロン大
2 カルテック大
3 コーネル大
4 マサチューセッツ工科大
5 プリンストン大

◆ソフトウェアスタートアップ
1 スタンフォード大
2 マサチューセッツ工科大
3 ブラウン大
4 プリンストン大
5 カリフォルニア大バークレー校

 名門大学が上位を占めることが多いが、必ずしもハーバードなどのアイビーの名前が出るわけではない点も興味深い。

 別の調査だが、大学卒業後20年間働いてその稼ぎの合計額から、高校、大学の学費と生活費を差し引いたカレッジROIレポートも合わせてみると興味深い(奨学金も差し引く)。

     大学名      20年のROI 年率ROI
1 ハービーマッド大    98万900ドル  8.8%
2 カリフルニア工科大   83万7600ドル  8.3%
3 マサチューセッツ工科大 83万1100ドル 7.8%
4 スタンフォード大    78万9500ドル 7.8%
5 コロラドスクールオブマイン(州内) 78万3400ドル 11.0%

 ソフトウエアエンジニアの年収は高くなっており、特にスタートアップに強いスタンフォード、マサチューセッツ工科大などは上位に顔を出している。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする