トップ >  ニュース >  アクティビストファンドの中長期の儲けは微妙

アクティビストファンドの中長期の儲けは微妙

 アクティビスト戦略を採用するヘッジファンドの活躍が目立っているが、このたびコロンビア大学で行われた研究で、短期においては株価は堅調だが、中長期においては微妙であることがわかった。

 カール・アイカーン、ダニエル・ローブ、デビッド・アインホーン、ビル・アックマンらざっと列挙しただけでも最近は活躍が目立つアクティビスト系ヘッジファンドだが、コロンビア大ロースクールの、ジョン・コーヒー教授とダリウス・パリア教授が行った研究結果では、SEC(米証券取引委員会)に13D(四半期に1度提出義務がある書類)を提出したあたりからは上昇幅は大きくならないことが明らかになった。

 日本でも旧村上ファンド、米スティール・パートナーズらの活動によって存在は一般にも知られるようになったアクティビスト。時価総額の規模の割に分不相応な資産を持つ小さな企業をターゲットにすることが従来は多かった。それは、コスト面も考えてのことだが、2013年あたりから変化が起きてきた。

 研究によれば、3分の1くらいが、時価総額20億ドル以上の会社も標的にするようになった。例えば、ダニエル・ローブ氏のサード・ポイントは昨年、ソニーに映画部門を切り離すよう要求するなどのアクションを仕掛けてきた。

 原因としては、アクティビストの運用資産総額が激増し、2002年が230億ドルたったのに対して、2014年は1660億ドルになったことでターゲットの幅は広がった。また、SECのルール変更によって、長期株主が共同でまたは単独で取締役総数の4分の1までの候補者を指名して、プロキシーアクセスを可能にするなどの外的環境の変化もあり、この戦略を採用するファンドは増加する一方だ。

 アクティビストファンドは2014年上半期の平均リターンは6.5%、同時期の他の戦略のヘッジファンドの3.1%よりも2倍以上のリターンとなっている。

 ただし、研究結果では、必ずしも会社の業績を向上させているわけではなく、アクティビストによる介入は、研究開発と設備投資への削減を意味することになる、としている。ちなみに株式保有の期間の中央値は9カ月だったという。

 四半期に1度提出義務を負っている、13Dファイルの提出時期が株価上昇のピークにあるようで、株式の取引高でもその直後から減少していく。
アクティビスト
 この研究では、もっと将来に焦点をあてた研究が必要になるだろう、という但し書きをつけており、さらなる研究が期待される。

 アイカーン氏は昨年、アイカーンキャピタルの投資家向けレターで「アクティビスト投資にとってこれほどの好機はかつてない」とまで言い切っている。

 米市場では、アップル、デュポン、アラガン、ダーデン、ハーバライフなどアクティビスト案件が今後も目白押しで、行方が注目される。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする