トップ >  ニュース >  節税策「ダブルアイリッシュ」が今年で終了

節税策「ダブルアイリッシュ」が今年で終了

 アイルランド政府は14日、アップル、グーグルなどグローバル企業の多くが採用する「ダブルアイリッシュ」と呼ばれる法人税の節税対策について、今後は取り締まりを行い、新税制が来年2015年1月から施行されることがわかった。AP通信が伝えたもので、これで事実上のグローバル企業が使ってきた抜け道がふさがれることになる。ただし、現時点でこの仕組みを採用する企業は2020年末まで適用を免れる。


アップル グーグル
 ここ数年はOECD諸国で、BEPS(Base Erosion&Profit Shifting)はG20諸国の財務大臣、中央銀行総裁などによって封じ込めが検討されてきた。

 APによると、アイルランドのヌーナン財務相は、2015年度予算案を議会に提出した際、税制改正を併せて発表。国内登記企業に対して、アイルランドを税務上の居住国とするよう義務付けることを述べたという。

 これは、業界的にいわれるダブルアイリッシュという手法を禁じたもの。これは、アイルランドに法人を置きながらも、管理する実態企業はタックスヘイブンなどの国にある場合は課税がなされていなかった。

 アップルを例にとれば、2012年だけで90億ドルの租税回避を行ったと米上院小委員会の調査で明らかになっている。米国に収めた納税額は60億ドルだといい、いかに巨額の税逃れを行っていたかがわかる。中心的な役割を果たした3社の仕組みとしては次のようなものになる。

・アップルオペレーションズインターナショナル(AOI)
アップルの最上位会社でアイルランドの法律下にある。

・アップルセールスインターナショナル(ASI)
海外での知的財産権を保有。ここがキャッシュが貯まる金庫番の役割に。
AOIの傘下にあり、同社に配当金を支払うことで、米国に現金を還流させない。

・ブレイバーンキャピタル
AOIの財産管理が主目的で、米国ネバダ州に所在。AOIがアイルランドで税金がかからないように米国籍にして管理している。

 まず知財権を保有するアイルランド企業のAOI、ASIの2社で海外利益を受け付ける。ただ、管理実態は税率の安くアイルランド国外にある米ネバダ州でブレイバーン社が管理しており、まさにダブルアイリッシュを使っていることがわかる。

 実はAOIの取締役は米国在住者。取締役会にも数回しか参加していない。ASIにいたっては、従業員がいない幽霊会社だった。

 アイルランドは過去にアップルの工場が誘致された。当初は減税措置が取られてはいたものの、実質的にはその後もアイルランド政府がアップルの行為を黙認に近い形で認めていたともされ国際的な非難の声を浴びるようになっていた。

 また、参考までに下図には、グーグルのスキームを示してある。アイルランド籍の2社で利益を受け取り、オランドの会社にパテント使用料を支払う、ダブルダッチの手法も合わせることで、海外企業での収益を節税している。
グーグル ダブルアイリッシュ ダブルダッチ

「税大ジャーナル」(2013年5月号)より

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする