トップ >  ニュース >  富裕層海外移住者の株式含み益にも課税検討

富裕層海外移住者の株式含み益にも課税検討

 政府・与党が、富裕層が海外移住に際しての課税強化を行うことで検討に入ったと、日本経済新聞が伝えている。すでに米国、ドイツ、フランスなどでも実施する「出国税」の検討はこれまでにもされてきたが、保有株式の含み益に対しても課税方針が盛り込まれるなど、年間100人程度が対象者になると見られている。2015年度の税制大綱に盛り込む意向。


国税庁
国税庁
 日本国内では株式の売却時に利益に対して合計20%課税されるが、株式を保有したままでキャピタルゲイン課税のない国に移住して売却すれば、税率が0%になる。

 2012年のフェースブック上場の際には、創業メンバーで元CFOのエデュアルド・サベリン氏が米国籍を外れてシンガポール籍になっていた。これで結果的にキャピタルゲイン課税の義務がなくなり、世論の大きな反発を招いたこともあった。

 日本では、ベネッセHDの福武總一郎氏がニュージーランド、HOYAの鈴木洋氏がシンガポールに居住し生活拠点を移すなどしているが、自社株の大株主でもあり、こうした人が対象になると見られる。

 出国時に課税する「出国税」の方式は、国内法のみでの対応が可能でもあり、有効な策とされ研究がすすめられてきた。
 
 きっかけは、武富士創業家の相続人による居住・非居住を巡る「東京高裁平成19年(行コ)215」の贈与税決定処分取消請求事件、「東京高裁平成19年(行コ)第342号」の所得税決定処分取消請求事件。これ以降、国税庁は富裕層、海外、無申告を重点テーマに研究を行ってきた。

 また、国税庁は国際業務課を通じて海外情報の収集、東京国税局には超富裕層を専門に扱う部署を新設するなど、富裕層の資産の海外移転に対して様々な策を打っている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする