トップ >  ニュース >  バブル崩壊の兆候か? NY高級不動産の平均単価18%下落

バブル崩壊の兆候か? NY高級不動産の平均単価18%下落

 富裕層向けの高級不動産物件が、第3四半期の平均販売額は207万ドルで、対前期比17.9%減となったことが調査会社エリマンの調査結果でわかった。第2四半期は252万ドルだった。2011年ごろからはほぼ右肩上がりで高級不動産の価格は上がってきていただけに、この統計は世界の不動産市場をリードする存在のNYの異変を示唆するものとなるかもしれない。

 先日、富裕層に最も人気の不動産であるロンドン中心街の高級住宅地の第3四半期の取引と取引額が、20%以上も減少したことが直近の調査結果で明らかになったばかり。ナイツブリッジ、ベルグラビアなどの高級住宅街で顕著だった。
NY不動産
 ただ、NYの場合は取引数は減少しておらず単価の減少にとどまったが、ロンドンとは違い、高層タワーマンションが林立しており、今後の竣工予定のものもあるため、需要と供給が一気に崩れる可能性がある。


432パークタワー
432パークタワーの最高層階からの眺望(イメージ)
 NYには、ONE57など世界を代表する高級コンドミニアムが立ち並ぶが、実際にはオフショアに籍を置くLLCなどの名義も目立つという。海外からは中国人富裕層の買いも多いが、これで一巡した感もある。

 先日、著名ヘッジファンド運用会社パーシング・スクエア・キャピタルのビル・アックマン氏が、NYタイムズとの取材をONE57で行っており、2012年に9000万ドル(75~76階部分のペントハウスで1.3万平方フィート)を購入したことを語っている。ちなみに、普段は住んでいないという。

 さらに、来年2015年には、432パークアベニューが竣工する。こちらは、デベロッパーによると、世界最高層のタワーマンションになることが決定的となっており、最高層の150階は、エンパイヤーステートビルよりも高いという。ペントハウスで9500万ドルのレベルになる予定だという。今後の需給を左右する物件でもあり、NYの高級不動産市場の行方が注目される。 

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする