トップ >  クオリティライフ >  中国長者番付15年史「赤い資本家」から「アリババ」まで

中国長者番付15年史「赤い資本家」から「アリババ」まで

 最新の中国長者番付で電子商取引大手アリババグループのジャック・マー(馬雲)氏が1位となった。中国人大富豪は長者番付でも当たり前となったが、その15年の変遷を見ていくことにする。「赤い資本家」と呼ばれた国家副主席の栄毅仁氏から、IT起業家の馬雲氏までその変化がわかる。

 中国版フォーブスと言われるハルンレポートのデータによると、アリババの馬氏は総資産額は2兆円を超えて中国の長者番付では史上最高額となった。しかも、同国のIT起業家でここまでの成功は例がない。

 その市場の礎を作った一人と言えば、1999年、2000年と2年連続1位となった栄毅仁氏だろう。国家主席の鄧小平氏の下で、国家副主席として市場開放路線を推し進めていったことでも知られる。投資コングロマリットとしても経済的な成功を経て、現在も栄ファミリーは繁栄している。

 以降、現在にいたるまで、中国共産党幹部たちが富裕層になりやすくなっており、腐敗がひどく最近は汚職の取り締まりをしなければならない堕落を招くことにもつながっている。

◆1999年~2014年の各年の長者番付ランキング1位
1999年 栄毅仁(83) 10億ドル 投資コングロマリット
2000年 栄毅仁(84) 20億ドル 同
2001年 刘永行兄弟(53)10億ドル 投資会社
2002年 栄智健(60) 80億ドル 投資会社
2003年 丁磊(32)  90億ドル オンラインゲーム会社
2004年 黄光裕(35) 10億ドル 家電量販店
2005年 黄光裕(36) 20億ドル 家電量販店
2006年 張菌(49)  30億ドル 不動産
2007年 楊惠妍(25) 180億ドル 不動産
2008年 黄光裕(39) 60億ドル 家電量販店
2009年 王传福(43) 50億ドル 自動車
2010年 宗慶後(65) 120億ドル 不動産
2011年 梁稳根(55) 110億ドル メーカー
2012年 宗慶後(67) 126億ドル 不動産
2013年 王権林(59) 220億ドル 不動産
2014年 馬雲(50)  258億ドル IT企業

 投資会社の流れが2002年まで続くが、米国のITバブル崩壊の後の2003年にオンラインゲーム会社という新しい風邪を吹かせたのが、当時32歳の丁磊氏だった。丁氏の存在がなぜ重要かと言うと、一般家庭に生まれたセルフメイドの大富豪だから。

 一般家庭に生まれ普通に大学を卒業し、最初は地方政府でエンジニアとして就職した。その後、中国大手オンラインゲームメーカーのヘットイーズを1997年に創業し、新規株式上場させた。この時がまだ32歳という若さで、それ以降は長者番付で1位にはなっていないものの、その後も長者番付の常連メンバーである。


アリババ ジャック・マー
アリババのジャック・マー(馬雲)氏
 2004年に黄光裕氏が35歳で1位に。現在は中国のナンバー1家電量販店の地位を確立した「GOME」(国美電器)を創業し、これまでに3度の1位に輝いている。ただし、2008年にそれまでの活躍も暗転する。2008年11月に証券取引所で、株価操縦の疑いで裁かれて、懲役刑を受ける。会長職も辞任している。

 リーマンショック前から投資熱の高まりから不動産業が多くなっており、2007年に25歳の若さで1位になった楊惠妍氏は2代目。その前年2006年の張氏も同じ女性だが、境遇が正反対という点でも興味深い。その後も不動産業が幅を利かしてきたが、不動産の見通しは不透明なだけに、今後もアリババの馬氏が安泰ではないだろうか。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする