トップ >  ニュース >  核攻撃でも心配ない高級地下コンドミニアムが売り切れ

核攻撃でも心配ない高級地下コンドミニアムが売り切れ

 米国で地下高級コンドミニアム「サバイバル・コンドミニアム・プロジェクト」が発表されたが、すでに発売中のユニットは完売した。地下50メートル、地下15階建て、募集は75人で、価格は150万ドル(約1億7564万円)~300万ドル(約3億5131万円)。富裕層からの要望が多いこともあり、デベロッパーは第2期目を建設している。


核シェルター
 この地下高級コンドミニアムが建設された場所は、米カンザス州コンコルディアで、元々は「アトラスミサイルサイロ」だった。つまり、戦争などが起きたとしても、長期生存のために適した空間である、とデベロッパーは説明している。

 ミサイルサイロは長距離弾道ミサイルの発射口で、ミサイルが破壊されないように爆撃にも耐えられるようになっており、耐久性がひじょうにが高く最近では民間への転用例もあるほどだ。

 販売プランは次のようになっている。

・ペントハウス 3200スクエアフィート 450万ドル
・フロアユニット 1840スクエアフィート 300万ドル
・ハーフユニット 920スクエアフィート 150万ドル

 また、電力、水道、通信、医療施、空気など基本的な生活インフラはすべて整っている上に、5年分の食料保存、さらには地下農場まで設置されており自給自足も可能だ。

 供用施設でもスイミングプール、犬の散歩施設、学校、図書館、映画館、ロッククライミング施設、ラウンジ、ゲームセンターなど娯楽教養施設が整っている。また、セキュリティ対策として、監視システム導入、特殊警備員が配置されている。

 ペットは、犬と猫が許可されている。

 また、注意書きとして、ほとんどの銀行が融資をしないというものがある。即金での
支払いが求められるために、富裕層のみが対象とされている。
 
 2011年には、カリフォルニア州の地下シェルターが定員の1000%以上の予約申し込み
が殺到したこともあった。中東動乱、日本の東日本大震災が相次いだ年でもあり、注目を集めた。日本でも一定の需要はあるだろうが、そもそも供給できる場所があるのかどうか。

 だが、所有していても、いつ入るか。また、いつどこで何が起きるかわからないため、まったくの宝の持ち腐れとなる可能性もある。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする