トップ >  ニュース >  著名投資家ファルコン氏がハービンジャー会長を辞任

著名投資家ファルコン氏がハービンジャー会長を辞任

 大手ヘッジファンド運用会社ハービンジャー・キャピタルは25日、創業者で会長兼最高経営責任者のフィリップ・ファルコン氏が11月いっぱいで辞任し、12月1日付けでジョセフ・スタインバーグ氏が新会長に就任する人事を発表した。米国を代表するヘッジファンドマネージャーとして名をはせてきたファルコン氏だが近年はSECからの厳しい処分を課されるなどしており、今後は自身のファンド運用に専念したいことが理由だという。

 同社によると、ファルコン氏辞任に際しては、2050万ドルの退職慰労金を一括で支給するという。スタインバーグ氏は「ファルコン氏の統率によって、当社は大きな成長と成功を経験することができた」と感謝の言葉を贈っている。同社の当初の時価総額1.4億ドルも2009年時点では26億ドルとなった。

 ファルコン氏はここ数年間は、償還にあたっては特定の投資家を優遇したり、個人の納税資金をねん出するために運用資産を売却するなどしたことで、SEC(米証券取引委員会)から処分を受けており、このたび和解していた。その条件として向こう5年間のファンド運用禁止となっていた。

 リーマンショック後は、米通信会社ライトスクエアードの人工衛星開発に資金の大半を突っ込んだものの、米当局の衛星との兼ね合いから断念せざるをえなくなり、巨額の投資に失敗している。その際にはゴールドマンなど機関投資家の多くが償還を要求するという異例の事態になったことで問題を引き起こした。

 ファルコン氏は2001年に同社を設立、2007年のサブプライムショック時に120%という大きなリターンをあげるなどした。ハーバード大時代はアイスホッケーの注目選手でもあり、プロリーグのNHL入りを目指していたほど。けがで断念したことでウォール街に。

 辞任に際して、ファルコン氏のコメントは発表されていない。名ヘッジファンドマネージャーはこのままヘッジファンド業界からの退場となるのか、もう一度復活を遂げることができるのか。
フィリップ・ファルコン
フィリップ・ファルコン夫妻

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする