トップ >  ニュース >  ヘッジファンド運用成績1位は45%、前マンCEO設立のファンド

ヘッジファンド運用成績1位は45%、前マンCEO設立のファンド

 12月に入り、ヘッジファンド運用会社各社もほぼ年間成績の大勢が決しているが、今年11月末時点で最もリターンを上げているファンドは、マン・グループ前CEOが設立した「ISAM SYSTEMATIC FUND」で、45.11%となっている。3位のパーシングスクエアがアラガンのM&A成功でリターンをあげており、1位の座は年末いっぱいまでわからなくなっている。


ISAM
ISAM公式サイトより
 米ヴァリューウォークが公開しているHSBCヘッジウィークリーのランキングによると、1位のISAMのファンドは45.11%のリターンをあげている。

 前マン・グループCEOのスタンレー・フィンク氏が、ISAM(インターナショナル・スタンダード・アセット・マネジメント)を2008年に設立し、当該ファンドは2010年から運用を開始した。同社によると、戦略はCTAで世界中の130以上の投資対象の中から、ダイバージェンスの機会やトレンドをとらえて、投資を行うもの。ボラティリティは年15~20%で、2013年の成績は-10%だったという。

 同社は2014年からは、通貨などを対象にした新たなファンド「IS Prime」の運用も開始した。

 英調査会社プレキンの調査によると、ヘッジファンドの戦略別では、CTAは今年第2四半期は1.60%、第3四半期は5.52%となっている。これをアクティビストのビル・アックマン氏が率いるパーシング・スクエアが追うという構図になっている。

 3位にパーシングスクエアが38.07%で入っているが、ただ、11月はバリアントのM&Aによるリターンが約30億ドル分、約5%の利益を出すなど、かなりISAMに肉迫する。どちらの手に年率最高リターンの称号が転がり込むのか。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする