トップ >  ニュース >  今年フェイスブックで話題になったランキング

今年フェイスブックで話題になったランキング

 米SNSフェイスブックが発表した、2014年にユーザーが最も話題として取り上げた出来事についての調査結果を発表し、1位はサッカーW杯だった。

1サッカーW杯
2エボラ出血熱
3ブラジル大統領選
4ロビン・ウィリアムズ
5アイスバケツチャレンジ
6パレスチナ自治区ガザ地区の紛争
7マレーシア航空
8スーパーボウル
9マイケル・ブラウン ファーガソン
10ソチ五輪

 世界中で最も盛り上がるスポーツイベントであるサッカーW杯はどうしても1位となってしまいがち。今回はブラジル開催、3位にもたまたま大統領選がランクし、ブラジルが表彰台を2つ占めた。日本は予選リーグ敗退したが、日本代表の成績が悪い方が株価にとっては良いなどの話題もあった。

 アイスバケツチャレンジは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の寄付を呼び掛ける運動。日本でも孫正義氏、AKB48渡辺麻友さんら、いわゆる富裕層やセレブたちが頭から氷水を被るパフォーマンスを次々と行い、フェイスブックなどSNSで広まっていった。

 この中でも日本で最も盛り上がったのは10位のソチ五輪だろう。男子フィギュアスケートで金メダルを獲得した羽生結弦選手、前評判が高かった浅田真央選手のフリー演技には多くの人が引き付けられた。

 以下はゆかしメディアで取り上げたもの。

◆サッカーW杯
ゴールドマンのW杯予想「日本株は買い?」
本田ノートと富裕層のノートは似ている
ガーナー米国戦に富裕層レフェリー登場

◆ロビンン・ウィリアムズ
ロビン・ウィリアムズ 信託で3段階相続

◆アイスバケツチャレンジ
氷水バケツ「社会貢献芸人」大富豪に「ヤラセ」の声上がる

◆スーパーボウル
【スーパーボウル】資産1.6兆円、最もリッチなオーナーはマイクロソフト共同創業者

◆ソチ冬季五輪
浅田真央、破産危機乗り越えた実家と、姿を消した父
年収1000万円の普通の父親向け、娘がフィギュアを始める前の6項目
日本スケート連盟、真央マネー、羽生マネーで「金満」ぶりが止まらない

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする