トップ >  メイク・マネー >  富裕層の「生活保護」太陽光発電はあと1年が勝負

富裕層の「生活保護」太陽光発電はあと1年が勝負

 太陽光発電は投資どころか、「生活保護」と呼ぶ方が適切かもしれない。インターネット上には「利回り13%」など実に刺激的なキャッチコピーの宣伝文句が並んでいるが、それは太陽光発電のパネル設置業者の煽りだ。では、今後も本当に儲かるのかどうかだが、スタートするなら、あと1年だと言われている。

将来は今より確実に暗い?

 「利回り13%」「早い者勝ち」「20年間保証」。

 「経産省も最初の『3年間は特に配慮する』とは言ってきましたが、それ以降の見通しは何とも言えません。国や電力会社にとっては想定以上に条件を見直すタイミングが来たという感じですから」

 そう話すのは電力会社の中堅社員だ。


太陽光発電
 再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)は平成24年7月にスタートし、そこから3年間の特別な配慮ということで言えば、27年7月までということになる。来年の早い段階での申請がタイミングとしてはギリギリというところか。

 FITは原則として、電力会社が20年間の長期にわたって一定の価格で電力を購入してくれる仕組み。設置して売電した事業者が受益者で、電気料金を支払う国民が負担者側となる。平成26年度の電力会社の買い取り価格は1キロW32円、税込34.56円(毎時)。この価格は日ごろ消費者が電力会社から購入する電力料金の倍以上(東京電力管内は夏季で1キロワット時当たり約17円)。

 仮に50キロWの設備を設置して、1キロW34.56円で計算すれば、キャッシュフローはかなりのものになる。単純計算をすれば、1日あたり4万1472円、1月あたり124万円4160円といった具合だ。

 加えて、グリーン投資減税も利用すれば、一括即時償却もできるために100%の減損も可能となる。安定的なキャッシュフローが生まれる上に、節税もできるというから、これほど確実な投資は他に見当たらない。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする