トップ >  ニュース >  台湾投資家、日本の不動産投資理由「日本好き、居住目的」

台湾投資家、日本の不動産投資理由「日本好き、居住目的」

 日本の不動産取引で近年は台湾人富裕層の存在も目立つようになってきているが、中国・台湾人向け不動産販売支援サービス「世界」がまとめたアンケートによると、すでに2割がが日本不動産への投資を行っており、東京の希望エリアは千代田区、港区などのステータスエリアか、中央区などの湾岸エリアだった。また、投資理由としては、日本が好きなために将来の日本居住を含めたものが最も多かった。


不動産投資
 台湾人で日本への不動産投資に関心のある不動産投資家30人に聞いたものだが、母数が少なく偏りは否めないが、大筋の傾向は掴むことができる。現在の投資先だが、日本の不動産投資が7人(23%)で、今後投資していきたい対象は日本の不動産で25人(83%)となった。

 その理由だが、投資はもちろんだが「日本が好きで、将来住みたいから」が11人(37%)と最も高かった。次いで、「安定しており、リスクが低い」9人(30%)、「円安で今がチャンスだから」5人(17%)、「五輪で値上がりが期待できるから」5人(17%)という順になった。

 希望の傾向を下に並べたが、投資先は利回りよりもステータス中心だということがわかる。

◆購入希望エリア
東京  18人 60%
大阪  6人  21%
北海道 2人  7%
九州  2人  7%
その他 2人  7%

◆日本の希望エリア条件
・利回り5%、ステータスエリア  12人 40%
・利回り8%、神奈川、千葉、埼玉 9人  30%
・エリア問わず10%以上      5人  17%
・利回り10%以上の北海道、九州  4人  13%

◆東京の希望エリア
・都心(千代田、中央、港、新宿、渋谷) 18人 60%
・城東(江東、墨田、葛飾、江戸川)   3人 10%
・城西(世田谷、中野、杉並、練馬)   3人 10%
・城北(台東、足立、豊島、板橋)    3人 10%
・城南(目黒、品川、大田)       3人 10%

◆日本不動産購入の際の優先事項
・駅近              22.33%
・ステータスエリア        20.50%
・安定した収入          19.67%
・利回りが高い          16.00%
・築年数が浅い          14.67%
・資産価値が高い         11.83%

 台湾はすでに台北市など都市部はキャップレートが2%未満と低くなっており、他にアジアで魅力的な投資先として考えているのが、4~5%程度は見込める東京になる。

 また、この調査は3回目となるが、日本の不動産への投資理由で、日本が好きで居住を含めたものという回答は今回が初めて出ており、注目すべき大きな変化だろう。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする