トップ >  メイク・マネー >  六本木ヒルズもダメ? 「タワーマンション節税」の罠

六本木ヒルズもダメ? 「タワーマンション節税」の罠

六本木ヒルズ? 3億円を5000万円で評価

 タワーマンションを使った節税については、ゆかしメディアでも過去に掲載している。それは、特にブランド立地のタワーは価格が過熱傾向にあり、相続税対策のためだけに盲目的に購入すると、トータルで損失が出る可能性が高くなる、という点に触れた。ここでは肝心の節税対策としての有効性について、もう少し見てみることにする。


タワーマンション節税
写真はイメージ
 ここに一件の裁決事例がある。平成23年7月1日に国税不服審判所が出したもので、タワーマンション節税への課税に対する処分で、相続人が不服を申し立てたが、節税は認められなかった。ただし、上乗せされた重加算税が部分的に取り消されている。

 対象となった物件は、裁決書などのデータから六本木ヒルズ(東京・港区)のレジデンスと一致しているため、その可能性が高い。30階の約100平方メートルの部屋を約3億円で購入し、ほぼ同額で売却。しかし、相続評価を約5800万円として申告した。経過は次のとおり。

平成19年7月 被相続人(父)入院
    8月 タワーマンションを2億9300万円で購入
    9月 被相続人(父)死亡
    11月 所有権移転登録をはじめ相続手続きを完了
  20年2月 相続人(息子)がマンション売却を業者に依頼
    7月 タワーマンションを2億8500万円で売却
  22年4月 更正処分を不服として異議申し立てを行う
    6月 申し立てを棄却
    7月 国税不服審判所に審査請求

 このタワーマンションだが、相続税法22条(評価の原則)のとおり、特別に定める場合をのぞいて、取得時の時価によるものだが、その評価は次のようになる。

土地:4118万1124円
建物:1683万7100円

 これで合わせて約5800万円で、実勢取引額の約5分の1という評価になり、かなりの資産圧縮に成功したことになる。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする