トップ >  メイク・マネー >  六本木ヒルズもダメ? 「タワーマンション節税」の罠

六本木ヒルズもダメ? 「タワーマンション節税」の罠

私立医大理事長の場合

 ここで紹介するケースは、総資産が10億円以上を保有する私立医大の理事長で、新築マンションの区分11戸を、約8億円の借入ローンで一気に購入したというものだ。相続人による申告額は評価基本通達どおりの1億3170万円だが、一方で税務署は購入価格の7億5850万円との評価を行った。

 基本は前出の六本木ヒルズの例ように、財産基本評価通達どおりの評価を行ったものの、税務署から特例が持ち出された格好だ。国税不服審判所の裁決を経て、最高裁まで争い、「『特別な事情』は、いかなる場合にその評価が行われるのか全く不明確で、恣意的な課税を許すことになる」などと主張したが、いっさい認められなかった。主な経過は次のとおり。

昭和62年10月 約8億円を借り入れ、マンション約8億円分を購入
    12月 被相続人(父親)が死亡し、相続人が相続
 同63年2月~  マンションの売却を契約し順次手続き
     6月  相続税申告

 当時は不動産市況も良く、キャピタルゲイン狙いの転売を目的とした富裕層も多かったことは確かだ。昭和63年10月に行われた衆院「税制問題等に関する調査特別委員会」では、水野勝政府委員から「相続税の税額が9割くらい違うというケースがかなり見られた」との発言もあり、その時代の背景を表している。

 そうした背景から、租税特別措置法が63年12月に改正され、相続開始前3年以内に取得した不動産は取得価額によって評価するという特例が新設された。だが、その後にバブルが崩壊し、担税力を上回るケースも出てきたために、廃止されている。

 タワーマンションは古くて新しい相続税対策、万全であるとは考えないことだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする