トップ >  メイク・マネー >  ヘッジファンド通算リターンランキング 40代アックマン氏が初ランクイン

ヘッジファンド通算リターンランキング 40代アックマン氏が初ランクイン

◆2014年は45億ドルのリターン

ビル・アックマン
ビル・アックマン氏
 2004年に運用を開始したパーシング・スクエア・キャピタルマネジメント。48歳のアックマン氏はハーバード大でも成績優秀者に贈られるマグナ・カム・ロードを受けたこともあるほどで、同ビジネススクールでMBAを取得している。実は1992年に自身の運用会社を立ち上げたことがある。この時、26歳。カール・アイカーン氏との有名な「20年戦争」のきっかけとなった取引もここで起きている。最終的にはこの会社は失敗し、2004年にパーシング社を立ち上げる。

 アックマン氏は、プライベートでは「釣り師」。実はパーシングの第一号社員は釣り堀のガイド。さらに、偶然出会ったタクシー運転手らを誘い計5人でスタートした会社だった。

 アクティビストとして、現在はライバルのカール・アイカーン氏に並ぶ代表的な存在でもある。外部環境も同戦略にとって良好なこともあり、今年以降のリターンにも期待が持たれている。

 昨年のリターン総額45億ドルと見られている。最も印象に残るトレードは、製薬メーカーのバリアントによるアラガンのM&A。買収が決定したことでリターンは、30億ドル以上に上る。バリアントとの共同戦線を張ったために利益は分け合うが、ほぼ3000億円レベルの儲けは手にしている。

 昨年は苦しむヘッジファンドが多数。プレキンの調査結果によると、ヘッジファンド全体の平均リターンは3.78%にとどまり、2013年の12.25%から大幅ダウンとなっている。

 同じく2000年代スタートでトップ20入りしている、ブレバン・ハワードは昨年は苦戦を強いられ、このランキングでは2013年の9位から14年は12位に順位を落とした。また、3位のジョン・ポールソン氏も、2007年の伝説に残るリターンが色あせるような成績が近年は続いており、資産は全盛期の約半分になっている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする