トップ >  ニュース >  上場社長配当金ランキング

上場社長配当金ランキング

 上場企業トップが今年受け取る配当金のランキングを東洋経済がまとめ、10億円以上は8人で、1位はソフトバンク社長の孫正義氏で92億4840万円になることがわかった。

 これは、東洋経済オンラインが、同社が発行する「会社四季報」などを基に、1株あたりの配当金から予想配当金として算出したもの。結果は、次のようになる(左から氏名、会社名、配当予想金、配当性向)。

1 孫正義  ソフトバンク  92億4840万円 6.8%
2 柳井正  ファスリ    73億5593万円 32.6%
3 鈴木郷史 ポーラオルビス 23億8176万円 106.6%
4 永守重信 日本電産    17億6903万円 26.2%
5 前澤友作 Sトゥデイ   14億5460万円 35.9%
6 里見治  セガサミー   13億4477万円 244.4%
7 田中良和 グリー     11億2195万円 11.8%
8 西河洋一 飯田グループ  11億2051万円 51.0%
※敬称略

ほとんどが創業者であり筆頭株主である。特に1、2位の孫正義氏、柳井正氏は日本を代表する大富豪であり、現在も会社の事業規模を世界に向けて拡大を続けようとしている。5位の前澤氏、7位の田中氏はともに30歳代。6位の里見氏は先日、自宅から銃弾が見つかるという刑事事件も発生している。

 珍しいのは8位の西河氏で、筆頭株主でもなく創業者でもない異色の存在でもある。飯田グループは建設会社6社が統合したものだが、西河氏はグループのアーネストワンのトップだった。グループ内では売上高の割合も高く株式割り当ても多くなり、株主順位は2位で個人筆頭株主となっている。

 他に若手では9位に、コロプラ創業者の馬場功淳氏で、9億7685万円となっている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする